« 放射線量について(6/4 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/5 7:15過ぎ時点) »

2011年6月 4日 (土)

福島第一原発1号機  一気に浴びれば半数死亡、4000ミリシーベルト計測!!

東京電力は4日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋1階南東部の床を貫通する気体輸送用の配管周辺の隙間から湯気が上がっているのが確認されました。

調査撮影したのは米国製ロボット「パックボット」。

湯気が立ち上っている周辺の放射線量は、なんと毎時4000ミリシーベルト。

3月11日の事故発生後に測定された中では最高値です。

この数値は、一般人の年間線量限度(1ミリシーベルト)の4000倍に相当し、3分余りで作業員の被曝(ひばく)限度である250ミリシーベルトを超え、15分間続けて作業すると、吐き気など急性放射線障害の自覚症状が出るレベルです。

仮に、一気に浴びれば半数が死亡してしまうレベルです。

1号機では、格納容器から汚染水の漏出が続いていますが、格納容器の下部にある「圧力抑制室」付近から漏れ出した、約50度の汚染水から湯気が発生、1階に噴き出していると考えているとし、東電は「今後、継続して監視する」と話しています。

東電さん、まさか、燃料が原子炉の建物の外側に出てしまう、いわゆる

”チャイナ・シンドローム”

にはなっていないですよね???

|

« 放射線量について(6/4 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/5 7:15過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事