« 放射線量について(5/14 12時過ぎ時点) | トップページ | 福島第一原発3号機 また温度上昇!! »

2011年5月14日 (土)

文部科学省、WSPEEDI予測値(広域汚染状況)の一部を公表!!

文部科学省が5月10日、WSPEEDI情報の一部を公開しました。

WSPEEDIは、第二世代SPEEDIであり、これまでのSPEEDIの予測機能の強化に加え、国外で原子力事故が発生した場合の放射性物質による日本への影響を評価する機能や、放出源情報が不明な場合に国内のモニタリングデータから放出源や放出量を推定する機能を有しています。

性能的には日本全体を予測可能ですが、今回公表されたのは静岡・長野の一部から岩手・秋田の一部までと限定しています。

しかも3月25日までの期間限定で、さらに放射性ヨウ素131のみというごく限られたデータです。

事故後2ヶ月たってからの公開であまりにも遅いという感は否めません。

今回公表されたWSPEEDIは、予測値とはいえ、4月に気象庁が公表した飛散濃度予測マップよりもかなり細かい放射性物質の汚染分布が分かるので、私たちの判断には役に立つと思います。

「福島第1原子力発電所(特定条件WSPEEDI)[3月25日]」

公表資料中の「ヨウ素131の表面沈着量(平成23年3月25日0時現在) 積算値」をみると、かなりの広範囲に拡散すると予測しています。

最も高濃度の汚染地域(1,000,000-10,000,000ベクレル/平方メートル)の範囲には、福島県東部(避難エリア)だけでなく郡山市北部から福島市中心地を経て宮城県白石市南部、そしていわき市より南の茨城県北茨城市・日立市あたりまでが含まれています。

その次の高濃度汚染地域(100,000-1,000,000ベクレル/平方メートル)の範囲には、福島県中部の大部分、宮城県の約8割、山形県の南東部、茨城県のほぼ全域、栃木県の約5割、千葉県の北部・東部と南端部、埼玉県の約4割、群馬県の約2割、東京都の奥多摩を除く大部分、神奈川県の約5割、静岡県伊豆半島などのエリアとなっています。

実際はどのように拡散しているのでしょうか?

|

« 放射線量について(5/14 12時過ぎ時点) | トップページ | 福島第一原発3号機 また温度上昇!! »

原発・放射能」カテゴリの記事