« 福島第一原発は今後もっと悪くなる可能性も —バズビー教授— | トップページ | 放射線量について(5/19 12時過ぎ時点) »

2011年5月19日 (木)

9ヶ月では終焉しない —バズビー教授—

欧州放射能危機委員会 科学担当幹事 クリストファー・バズビー教授が出演したTV番組でのインタビュー(最後)です。

(アナウンサー)
ちょっとお伺いしたいのですが、日本の関係機関は9ヶ月で覆いをかけ原子炉を冷却し、放射能漏れを止めれるなど全て終えられる自身があるといっていますが、この問題を9ヶ月で解決できるのでしょうか。

それでこの大惨事が終焉するのでしょうか。

(バズビー教授)
そうは思えません。

そうはならないと思います。

原子炉に覆いをかけるといいますが、まだそれは核分裂をしているとなると、核分裂した放射能物質が地面に浸み込みまた海へと出て行きます。

核分裂している原子炉をコンクリートで封じ込めることはできません。

それは不可能です。

(アナウンサー)
最後に簡潔に。

今、海に流されるとおっしゃいましたが、チェルノブイリは内陸ですが福島原発は太平洋の岸辺に建っている。

そのことは日本から離れた広範囲の地域への放射能汚染という意味においてどれほど重大なことでしょうか。

(バズビー教授)
そうですね。

既に米国で放射性物質が検出されていますし、高濃度のウラニウムとプルトニウムがハワイやマリアナ諸島のエア・フィルターから検出されています。

また、海に出た汚染は、海岸沿いを伝っていきます。

大変深刻な状況なのです。

私のこうした見方は「核」産業や日本の関係機関からよくは思われてはいませんがね・・・。

しかし、人々が病気になり死ぬことになるのですから、私からすれば非常に重大な問題なのです。

(おわり)

|

« 福島第一原発は今後もっと悪くなる可能性も —バズビー教授— | トップページ | 放射線量について(5/19 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事