« 放射線量について(5/31 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(5/31 18時過ぎ時点) »

2011年5月31日 (火)

福島第一原発1号機 地下の溜まり水から1万倍の放射性物質!

東京電力は、福島第1原子力発電所の1号機地下のたまり水から高濃度の放射性物質を検出したと発表しました。

たまり水からは、

セシウム137・・・290万ベクレル/立方センチメートル(通常の原子炉の水のおよそ1万倍)

セシウム134・・・250万ベクレル/立方センチメートル

ヨウ素131・・・3万ベクレル/立方センチメートル

検出されました。

このことは、原子炉から放射性物質が漏れ出ていることを意味します。

つまり、1号機は圧力容器だけでなく、格納容器も破損しているということです。

また、建屋地下の「たまり水マップ」も公開されました。


それによれば、4号機などで多くの設備が水没していることが一目瞭然になりました。

|

« 放射線量について(5/31 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(5/31 18時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事