« 千葉の牧草から放射性物質 | トップページ | 放射線量について(4/29 12時頃時点) »

2011年4月29日 (金)

東京の放射性物質降下量-1960年代と同水準-

現在、東京の地表から検出される放射性物質(放射能)の量は事故前の数万倍といわれています。

しかし、1960年代初頭にも同レベルの放射性物質が検出されていました。

気象研究所(茨城県つくば市)によると、これまで放射性物質が国内の地表から最も多く検出されたのは1963年(昭和38年)6月で、東京で放射性セシウム137が、1カ月間で1平方メートル当たり550ベクレル検出されました。

その原因は、米国や旧ソ連が繰り返し実施した核実験。

以降数年間にわたり、数十~数百ベクレル/㎡・月を観測していました。

90年代以降はピーク時の1万分の1以下となる0・01ベクレル/㎡・月程度になっています。

当時、国は

「汚染はあるものの人体に影響はない」

と判断し、水や食品の摂取制限などは行われませんでした。

東京都健康安全研究センター(東京都新宿区)の本年4月1日~28日の観測によると、新宿区の1平方メートル当たりの放射性セシウム137の降下量は、最大値が11日の170ベクレル、最低値が12日の4ベクレルとなっています(ちなみに、3月21日には5300ベクレル観測)。

単純合計で月間約430ベクレル/㎡となっています。

放射線医学総合研究所(千葉市稲毛区)は、現在の東京の地表から60年代と同レベルの放射性物質が検出されていることについて

「望ましいことではないが、健康への影響はないと考えられる」

と述べています。

その理由は

「このレベルの放射性物質が健康に影響するなら、50~60年代を生きた世代のがん発生率や死亡率が他の世代に比べ高くなっているはずだが、そうした統計的なデータはない」

と理由を説明しています。

つまり統計データがないから健康への影響がないとしているのです。

ニューヨーク科学アカデミーの調査によれば、チェルノブイル原発事故による死亡者は約100万人であり、この数はいまだに増えています。

旧ソ連政府による報告書には死亡者の多くは含まれていません。

ガンで死亡したとしても、チェルノブイル原発事故には関係していないと判断されるからでしょう。

私の記憶では、私の子どもの頃の日本人の死因は、

(1)脳卒中(2)がん(3)心疾患

だったと記憶しており、それが何時からか、「がん」が死因のトップになっています。

インターネットで調べてみると、1981年ごろから「がん」が死因のトップになっているようです。

多くの放射性物質の半減期は30年。

1960年代に放射性物質を取り込み、長期間にわたって被爆し続けた結果・・・とも考えられないだろうか?

この疑問に関して放射線医学総合研究所は、

「長寿になるほど、がんの発症率は上がる。がんは複合的な要因で発症するが、がんが増えた一番の理由は、日本人が長寿化したためだと考えられる」

としています。

詳しい分析は専門家の方にお任せしますが、個人的に勉強した範囲では、

”安全な放射線量というレベルはない”

と考えるようにしています。

よく、

「微量の放射性物質が検知されただけであり、心配する必要はない。ただちに健康を脅かすことにならない。」

という発言を聞きますが、私はこの言葉は信じないようにしています。

確かに微量の放射性物質であることは事実でしょう。

しかし、大量の放射線が細胞を傷つけるのではなく、微量の放射線であっても、細胞は確実に傷つきます。

例えば、プルトニウム、ウラニウム、アメリシウム、またはラドンから発生するアルファ粒子一個でさえも、体内においては放射線エネルギー遺伝子物質を破壊します。

だから、

「健康を害することはない」

というのは嘘だと思っています。

------

安全な放射線量はない。癌腫(悪性腫)の危険性が0であるという放射線の最低量という数値は存在しない。――カール・モーガン博士(保健物理学創始者)

「いかなる量の放射線を累積的に被ばくすることによって、癌にかかる危険性が累積的に高まる」―― 米国放射線防護評議会

「最低放射線照射量という数値はない」「安全な放射線量というレベルはないので、論じることもできない」――イアン・フェアリー博士、マービン・レスニコフ博士(原子力科学者定期報告書)

|

« 千葉の牧草から放射性物質 | トップページ | 放射線量について(4/29 12時頃時点) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事