« 放射線量について(4/27 12時頃時点) | トップページ | 中部大学 武田邦彦教授の緊急の訴え »

2011年4月27日 (水)

東京モーターショー 海外勢復活!

12月2日(金)から12月11日(日)に開催される東京モーターショー2011。

今回は嬉しいことに海外からも多数参加することになりました。

参加するのは全ての国内メーカー14社15ブランドに加え、海外19社22ブランドです。

ただ、残念なのは米国ビッグ3といわれる”ゼネラルモーターズ(GM)”、”フォード”、”クライスラー”は出展を見送っています。

前回の2009年の東京モーターショーは、リーマンショックとよばれた金融危機を背景に世界中の自動車メーカーの業績が急激に悪化したため、海外自動車メーカーや国内のトラックメーカーなどが出展を取り止めていました。

前回は世界10か国・1地域129の出展者でしたが、今回は世界11か国・1地域から合計175の出展者が参加するとのことです。

その展示面積は3万4919平方メートルで、前回の約1.6倍です。

今回の東京モーターショーは、24年振りに東京に戻り有明・お台場地区の東京ビッグサイトで開催されます。

東京に戻って再スタートを切る、初心に帰る意味をこめて、1954年に開催された「第1回全日本自動車ショウ」で採用されたシンボルマークを積極的に使用していくようです。

今回出展する海外ブランドは以下の通りです。

アウディ
アルピナ
AMG
シトロエン
プジョー
ジャガー
メルセデスベンツ
スマート
BMW
MINI
サーブ(PCI)
フォルクスワーゲン
ポルシェ
ランドローバー
レンジローバー

|

« 放射線量について(4/27 12時頃時点) | トップページ | 中部大学 武田邦彦教授の緊急の訴え »

」カテゴリの記事