« 放射線量について(4/27 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/28 5:30頃時点) »

2011年4月27日 (水)

アイラ・ヘルファンド医学博士 衝撃的な日本の子供の許容被ばく線量!!

ノーベル賞も受賞した国際的な医師の団体がワシントンで会見しました。

この団体は、文部科学省が子供の1年間の許容被ばく線量の目安を「20ミリシーベルト」に設定したことに疑問を呈しています。

アイラ・ヘルファンド医学博士は

「衝撃的だったのは、日本政府が福島の子供たちの許容被ばく線量の基準を高く設定したことだ」

「子供の場合、がんになるリスクが成人よりも2倍から3倍高くなる」

と述べ、許容される被ばく量の基準を引き下げるよう求めまています。

アメリカでは、原子力関連施設で働く人の1年間の許容量の平均的な上限が年間20ミリシーベルトとされています。

|

« 放射線量について(4/27 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/28 5:30頃時点) »

ニュース」カテゴリの記事