« 放射線量について(4/6 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/6 17時過ぎ時点) »

2011年4月 6日 (水)

ドイツの放射線防護協会の提言  日本政府の指針は過小評価?

少し古いものですが、ドイツの放射線防護協会が、福島原発事故の発生後の日本において、放射線核種を含む食物の摂取による被ばくの危険性を最小限に抑えるため、チェルノブイリ原発事故の経験をもとに考察・算定を行った

日本における放射線リスク最小化のための提言

を2011年3月20日に発表しています。

それによれば、

1.放射性ヨウ素が現在多く検出されているため、日本国内に居住する者は当面、汚染の可能性のあるサラダ菜、葉物野菜、薬草・山菜類の摂取は断念することが推奨される。

2.評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kgあたり4 ベクレル以上のセシウム137 を含む飲食物を与えないよう推奨されるべきである。成人は、1kg あたり8Bq 以上のセシウム137 を含む飲食物を摂取しないことが推奨される。

3.日本での飲食物の管理および測定結果の公開のためには、市民団体および基金は、独立した放射線測定所を設けることが有益である。ヨーロッパでは、日本におけるそのようなイニシアチブをどのように支援できるか、検討すべきであろう。

とされています。

また、提言の付記において。

「チェルノブイリ原発事故後の経験に基づいてなされた本提言の厳しい内容と比べると、日本政府によって出されて来ている様々な指針・見解は、いかに放射線リスクを過小評価したものかが際立ちます。本提言は、3 月20 日の時点で出されたものであり、また、日本での地域的な違いが考慮されていないなどの制約があるかと思いますが、内部被曝を含めた放射線リスクの見直しの一助となることを心より願います。」

と記載されています。

興味のある方は是非ご一読を・・・。

|

« 放射線量について(4/6 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/6 17時過ぎ時点) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事