« 放射線量について(4/1 6時過ぎ時点) | トップページ | 今すぐヨウ素剤の配布を—フランスの放射線専門家グループ— »

2011年4月 1日 (金)

疑うべきは「ただちに影響ない」という言葉

枝野官房長官や一部の専門家がさかんに口にする

「ただちに影響はない」

という言葉。

私は彼らの責任逃れの言葉に聞こえて仕方ありませんでした。

大阪大学の野村名誉教授も週刊誌の取材に以下のように答えています。

「枝野官房長官や原子力安全・保安院による“ただちに健康に影響はない”というのは、事故のたびに国民を安心させるため使われる言葉。欺くための言葉に聞こえます。すぐわかる影響、すなわち急性障害への懸念は、これまでの事故例でも、現場の作業員や救援等で現場に立ち入り大量被曝(1000ミリシーベルト以上)した方達に限られます。住民にとって問題になってくるのは、“忘れたころにやってくる体内被曝”なんです」


「セシウムは半減期が30年と長いですが、体外へと排出されやすいので、そこまで問題ではありません。住民、特に幼児にとって問題なのはヨウ素131という放射性物質。半減期は8日間と短いのですが、甲状腺に集中して集まってしまうので、子供の成長に最も重要な甲状腺の大量被曝につながります。成長期の子供にとってその危険性は無視できません。細胞分裂が盛んで、大人よりも放射線による影響を2〜3倍も受けてしまうんです」

また、内閣府原子力委員会専門委員である中部大学の武田邦彦教授もご自身のブログで

「原発 緊急情報(21) 「直ちに」とは何か?「冷静に」とはなにか?」

を書かれています。

是非ご覧になっていただきたいと思います。

|

« 放射線量について(4/1 6時過ぎ時点) | トップページ | 今すぐヨウ素剤の配布を—フランスの放射線専門家グループ— »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事