« 放射線量について(4/12 6時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/12 12時過ぎ時点) »

2011年4月12日 (火)

政府、福島第1原発事故評価"レベル7"へ

4月11日、内閣府の原子力安全委員会は、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(INES)を今までの「レベル5」から、最も深刻な

「レベル7」

に引き上げることを決めました。

12日に原子力安全・保安院とともに記者会見し、評価内容を公表することにしています。

この「レベル7」は1986年の旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に並ぶ評価になります。

原子力安全委員会の計算によれば、福島第1原発事故発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレルの放射性物質を放出していたとの見解を明らかにしました。

(現在の放出は1時間当たり1テラベクレルほどと推測。)

INESの評価によれば、放射性のヨウ素131換算で外部への放射性物質の放出量が数万テラベクレル以上である場合は、「レベル7」であるとしています。

この基準によれば、福島原発の事故は数時間で最悪の「レベル7」に達していたことになります。

ただし、放射性のヨウ素131を数十から数百京(けい)ベクレル放出したというチェルノブイリ原発事故に比べると、福島第一原発の放出量は少ないとされています。

[文部科学省の国際原子力事象評価尺度の図解]

|

« 放射線量について(4/12 6時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/12 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事