« 放射線量について(4/5 5時過ぎ時点) | トップページ | 東京スカイツリーの制振システム »

2011年4月 5日 (火)

小魚から放射性物質検出 1kg当たり4,080ベクレル!!

4月4日、茨城県北茨城市の平潟漁協は、同市の長浜沖でとれたコウナゴから

1kg当たり4,080ベクレル

の放射性ヨウ素131が検出されたと発表しました。

厚生労働省の大塚耕平副大臣は、

「想定しがたい検査データが出たというのは事実だと思う」

と述べました。

食品衛生法の暫定規制値は、飲料水では300ベクレル、野菜類では2,000ベクレルと定めていますが、魚についての放射性ヨウ素の基準を設けていません。

その理由は、海水で拡散することや短期間で放射線が半減するとされているためです。

とはいえ、他の食品の規制値に比べてかなり高い数値が出ています。

厚労省も県に対し、このコウナゴの取り扱いを慎重にするよう求め、早急に基準値の検討に乗り出す方針とのことです。

(このコウナゴは、出荷されていません。また、しばらくコウナゴ漁は見合わせるとのことです)

また、1キロ当たり447ベクレルの放射性セシウムも検出されていて、魚類の暫定規制値の500ベクレルに近い数値です。

コウナゴは、1日までに北茨城市沖の水深11メートルで採取されたもの。

ほぼ同時期に採取したヤリイカとヒラメは放射性ヨウ素がいずれも13ベクレル、アナゴは31ベクレルと低かったとのことです。

○放射性物質の暫定規制値 (単位=Bq(ベクレル)/kg)

[放射性ヨウ素] 
飲料水 300
牛乳・乳製品 300(100 Bq/kgを超えるものは,乳児用調整粉乳及び直接飲用に供する乳に使用しないように指導すること) 
野菜類(根菜,芋類を除く) 2,000

[放射性セシウム]
飲料水 200
牛乳・乳製品 200
野菜類 500
穀類 500
肉・卵・魚・その他 500

[ウラン]
乳幼児用食品 20
飲料水 20
牛乳・乳製品 20
野菜類 100
穀類 100
肉・卵・魚・その他 100

[プルトニウム及び超ウラン元素のアルファ核種(Pu238, Pu239, Pu240, Pu242, Am241, Cm242, Cm243, Cm244放射濃度の合計)]
乳幼児用食品 1
飲料水 1
牛乳・乳製品 1
野菜類 10
肉・卵・魚・その他 10

|

« 放射線量について(4/5 5時過ぎ時点) | トップページ | 東京スカイツリーの制振システム »

ニュース」カテゴリの記事