« 放射線量について(4/6 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/7 6時過ぎ時点) »

2011年4月 6日 (水)

国の基準の1.3億倍!!

東京電力が4月5日に発表したところによると、福島第1原発2号機の取水口付近にあるコンクリート製の穴(ピット)の周辺から海へ流出している水に含まれる放射性ヨウ素131の濃度が国の基準をはるかに上回る

1億3,500万倍

以上だったことがわかりました。

さすがに私もこの”億単位”にはビックリです。

4月2日に採取した流出水から水1立方センチ当たり540万ベクレルのヨウ素131を検出したそうです。

また、セシウム134とセシウム137は、国の基準の3,000万倍と2,000万倍でした。

流出した水が混ざった海水からは国の基準の750万倍に相当する水1立方センチ当たり30万ベクレルのヨウ素131を検出しました。

流出した水は、損傷した核燃料から溶け出した放射性物質を含む原子炉水とみられ、通常運転中の原子炉水の数万~10万倍の放射能で汚染されています。

一方、バリウム140という放射性物質が検出されています(東電がデータを再確認中)。

このことは核燃料がバラバラになっており、そこを通過した水が直接流れ出ていることを示しています。

そうしますとストロンチウム90が出ている可能性も否定できません。

ストロンチウム90は、骨に濃縮して長期間ベータ線を出し続けるので、骨がんを誘発する恐れがある怖い放射性物質です。

比較的短期で体外に出て行くセシウムよりもはるかに危険な物質です。

また、コウナゴのような小魚などの骨に取り込まれれば、人が丸ごと食べてしまうことも心配されます。

京都大学原子炉実験所助教授の小出裕章氏は、再臨界が起きている可能性を指摘しました。

その根拠は、ヨウ素131という放射能は半減期が8日ですが、すでに半減期の3倍は経っているのにもかかわらず、逆に増加傾向にあることと、タービン建屋の地下水に放射性核種のクロル38が検出されたことをあげています。

クロル38が検出されているということは、

「再臨界」

が起きているということにしないと

「説明がつかない。」

というのです。

再臨界・・・

聞きたくない言葉です。

どうか以前のように、東京電力の計測誤りであってほしい。

|

« 放射線量について(4/6 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(4/7 6時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事