« 室内犬を飼われている方、ダニ対策大丈夫ですか? | トップページ | ひな祭りに関する豆知識 »

2011年3月 2日 (水)

ひな祭りの由来、知っていますか?

3月3日は雛祭り(桃の節句)です。

女の子の健やかな成長を祈る節句です。

節句とは、以前節分についての紹介した際にも触れましたが、起源は古代中国といわれ、陰陽五行からきているといわれています。

江戸時代では年に5日が公式に法制化された式日で、以下のとおり人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、七夕(しちせき、たなばた)、重陽(ちょうよう)の5日を五節句と呼びます。

人日=1月7日「七草の節句」
上巳=3月3日「桃の節句」
端午=5月5日「端午の節句」
七夕=7月7日「七夕祭り」
重陽=9月9日「菊の節句」

昔から季節や物事の節目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この節句という行事が、貴族の間で身の穢れを祓う大切なものだったようです。

話を雛祭りに戻します。

雛祭りのルーツは、先に紹介したとおり、「上巳節」です。

これは、古代中国が起源とされています。

「上巳」とは、3月上旬の巳の日という意味で、後に日付が変動しないように3月3日になりました。

昔は、川でみそぎをして穢れを祓う行事や、杯を水に流して宴を催す曲水の宴などが行われていました。

このときはまだ、季節の節目の邪気祓い行事として老若男女を問わず皆の幸福を願う行事だったのですね。

そしてこの行事を、遣唐使が日本に伝えた・・・といわれています。

日本でも、古来からみそぎやお祓いの思想、身代わり信仰などがありました。

それが上巳節と結びつき、日本独自の文化として定着していったようです。

その一つが「流し雛」です。

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持ていかれないよう、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。

これが、自分の災厄を引き受けてくれた人形を川に流す「流し雛」へと発展していったのです。

また、平安時代の宮中や貴族の子女の間で紙の着せ替え人形で遊ぶ「雛遊び(ひいな遊び)」が盛んに行われるようになりました。

この遊びが上巳節と結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が生まれました。

その後、人形作りの技術の進歩により、雛人形を流すものから飾るものへ変化し、宮中で盛大にお祝いをするようになったといいます。

江戸幕府が五節句を制定し3月3日を「桃の節句」と定めると、女の子の節句として定着していきました。

すると、娘の厄を受ける雛人形は、その家の財力の象徴として華やかさを増してゆき、豪華な雛人形を飾るようになります。

自慢の雛人形を見せ合う「雛合わせ」やご馳走をもって親戚を訪ねる「雛の使い」が流行し、美しい雛人形を持って雛祭りをすることが民衆の憧れとなりました。

やがて、町民が豊になると雛祭りは町をあげての楽しい行事となり親しまれるようになったのです。

明日は、雛祭りに関してのちょっとした豆知識を調べて紹介したいと思います。

お子様からの急な質問に対してもあわてることなく対応できるように・・・(笑)

|

« 室内犬を飼われている方、ダニ対策大丈夫ですか? | トップページ | ひな祭りに関する豆知識 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事