« 放射線量について(3/27 7:30過ぎ時点) | トップページ | ロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士が記者会見 »

2011年3月27日 (日)

フランス放射線防護原子力安全研究所が最悪ケースのシュミレーションを発表

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、福島第一原子力発電所周辺のモニタリングポストにおける放射線量の計測データと、最悪のケース(炉心完全溶解)を想定したシミュレーションデータを公開しました。

IRSNについて(日本語)(pdf)
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-about-irsn.pdf
   
IRSN 良くある質問(日本語)(pdf)
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-QA-jp.pdf 
 

読んでみましたが、結構わかりやすい解説です。

福島第一原発の事故後、いろいろ疑問に思っていること、知りたかったことがこれである程度はすっきりした感じです。

かといって、これからも大変難しい対応となることには変わりありませんが・・・。

|

« 放射線量について(3/27 7:30過ぎ時点) | トップページ | ロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士が記者会見 »

ニュース」カテゴリの記事