« 放射線量について(3/24 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(3/25 6時過ぎ時点) »

2011年3月24日 (木)

日本産婦人科学会 「妊婦に害なし」と推定

本日(3月24日)、日本産科婦人科学会は、1kg 当たり200 ベクレル前後の放射性物質を含む水道水(軽度汚染水道水と表現します)を長期にわたって飲んだ場合の健康への影響について学会の見解を示しました。

結論的には、

「(現状の)水道水を連日飲んでも、母体や胎児に健康被害は起こらず、授乳を続けても乳幼児に健康被害は起こらないと推定される」

とのことです。

その根拠等についてはこちらをご覧ください。

|

« 放射線量について(3/24 17時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(3/25 6時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事