« 放射線量について(3/23 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(3/23 17時過ぎ時点) »

2011年3月23日 (水)

ついに東京でも•••

3月23日、東京都水道局からの発表です。

葛飾区の金町浄水場の放射線濃度を測定したところ、乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表しました。

検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレル(大人は300べクレル)を

110ベクレル

も上回っていました。

つまり、乳児向けの飲用基準(暫定)の2倍です。

東京都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけはじめました。

ただ、厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えないとしています。

とうとう、首都東京まで来てしまいました。

東京都には四大浄水場があります。

金町、朝霞、玉川、東村山です。

その他にもあるかもしれません。

東京都によると、22日に3カ所の浄水場で検査し、小作浄水場(羽村市)は32ベクレル、朝霞浄水場(埼玉県朝霞市)では検出されなかったようです。

他の浄水場はどうなんでしょうか?

直ちには問題無いとしても、将来的には健康にかかわることですから、検査・発表は全て実施してもらいたいものです。

|

« 放射線量について(3/23 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(3/23 17時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事