« ひな祭りの由来、知っていますか? | トップページ | ホンダが総合首位 »

2011年3月 3日 (木)

ひな祭りに関する豆知識

今日は、雛祭りに関する豆知識を紹介します。

clipなぜ「桃の節句」というの?

3月3日は桃の季節だから・・・。

それもありますが、それだけではありません。

昔から桃には邪気を祓う力があるとされ、様々な神事にとりいれられていたそうです。

邪気の象徴は「鬼」です。

その「鬼」を退治する力も桃にはあると考えられていました。

何か思い出しませんか?

そうです、鬼を退治するといえば「桃太郎」ですね。

この民話は、この思想がベースになっています(←結構使える豆知識だと思いませんか?)。

また、桃は「不老長寿」を与える植物とされており、百歳(ももとせ)まで長生きできるよう、桃花酒を飲む風習もありました。

clip雛人形はいつから飾るの?

地域や家庭で異なりますが、一般的には節分、立春を過ぎた対案、友引に飾る方が多いようです。

また、「雨水の日」(2月19日または20日)もお雛様を飾るのにふさわしいとされています。

お雛様は子どもを厄からまもってくれる神のようなものであり、節句の前日に慌てて出すとことは「一夜飾り」といって、縁起が悪いとされてきました。

なぜ、「一夜飾り」は縁起が悪いのでしょう?

それは、

「神を迎えるものを一夜で飾ると誠意に欠ける」
「葬儀の準備を連想させる」

ということから嫌われてきたのです。

clip雛人形の登場人物は誰?

お内裏様とお雛様はそれぞれ天皇、皇后をあらわします。

関東では男雛は右(向かって左)、女雛は左(向かって右)に飾っていますが、関西では古式にならって男雛が左(向かって右)、女雛が右(向かって左)と逆になっています。

三人官女は宮中に仕える女官で、お殿様やお姫様のお世話をする侍女です。

中央に座っている方が女官長でしつけ役らしいです・・・。厳しそう(笑)

五人囃子は能のお囃子を奏でる五人の楽人(男の子)です。

これで才を認められれば元服後も良いポストにつけるとか・・・。

隋臣(ずいしん)は右大臣・左大臣と呼ばれることが多いですが、実際は武官の衛仕。

殿の身近にいるので、殿の恋する姫君に恋文を届けたりと、キューピット役なんかも頼まれていたらしい。

その下の三人仕丁は御所内の清掃係で、泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸、人間の喜怒哀楽をあらわしています。

どうでしたでしょうか?

なかなか面白いですよね。

|

« ひな祭りの由来、知っていますか? | トップページ | ホンダが総合首位 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事