« 税金にまつわる話-クジラ税- | トップページ | 放射線量について(3/16 18:44時点) »

2011年3月16日 (水)

放射線量が気になります

福島の原子力発電からの放射能漏れはどうなるのでしょうか?
私も関東圏在住なので落ち着きません。

周りの人はいたって冷静のようで、普段どおり会社に出勤しています。

自分だけ?

と思ってしまいますが、きっと皆さんも気が気でない筈です。

ネットで検索しましたら、東京都のほぼ中央(多摩地域の南部)に位置する場所で

「ガイガーカウンタ」

を個人的な興味のために設置されている方がいまして、そのサイトの放射線量の数値では、本日16時33分現在で20cpm(カウント・パー・ミニッツ count per minute)程度になっていました。

この数値は、昨年の同時期よりも5cpm程度の上昇値のようです。

「cpm」は、放射線測定器で1分間にどれだけ放射線が検出されたかを示しています。

正確な比較は難しく議論があるようですが、120cpmが約1マイクロシーベルト(Sv)/hrといわれていますで、20cpmは約0.17マイクロSv/hとなります。

放射線量の目安です。(1ミリSv=1000マイクロSv)

0.01ミリSv   原発周辺の線量目標値(年間)
0.05ミリSv   胸のX線集団検診(1回)
0.2ミリSv   東京-ニューヨークを航空機で往復
0.6ミリSv   胃のX線集団検診(1回)
1.0ミリSv   一般人の年間線量限度(人工放射線)
2.4ミリSv   1人当たりの自然放射線(年間、世界平均)
6.9ミリSv   CTスキャン(1回)
10ミリSv    ブラジル・ガラパリ市街での年間放射線量(地質が原因)
100ミリSv   これより少ない線量では健康被害なし
500ミリSv   血中のリンパ球減少
1000ミリSv  悪心・嘔吐
4000ミリSv  約半数死亡   
7000〜10000ミリSv  全員死亡

怖いですね。

また、厄介なのは放射性物資は、必ずしも距離に比例して少なくなるわけではないということです。

実際、チェルノブイリ原発の爆発火災事故では、200km〜300kmはなれたところでも、ところによっては放射性物質が降り注いだとのことです。

チェルノブイリでは、ヘリコプターで約5000tの鉛や粘土などを投下して放射性物質の放出をとめた(?)ようですが、福島もそこまでしないとイケないのでしょうか?

もうこれ以上、放射線が拡散しないことを祈るばかりです。

今回は対応が遅かったでは済まされません。

何十、何百万人もの命がかかっています。

政府、東電には、とにかく早め早めの対応をお願いしたいと思います。

放射線の数値については、今後もできる限りアップしていきたいと思います。

|

« 税金にまつわる話-クジラ税- | トップページ | 放射線量について(3/16 18:44時点) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事