« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

放射線量について(3/31 18時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月31日(木)
[都心]
   18:05時点   約17.0cpm  (約0.142マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   18:07時点   約18.1cpm  (約0.151マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/31 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月31日(木)
[都心]
   12:05時点   約17.1cpm  (約0.143マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:07時点   約18.2cpm  (約0.152マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

飯舘村でIAEAの避難基準超す放射性物質検出

国際原子力機関(IAEA)は30日にウィーンの本部で会見を開きました。

福島第1原子力発電所の北西約40キロメートルにある福島県飯舘村の土壌から高濃度の放射性物質が検出されました。

この調査はIAEA独自で18〜26日にかけて行った調査とのことです。

IAEA高官は飯舘村での測定値について

「1平方メートルあたり2メガベクレル」で「IAEAの避難基準の約2倍にあたる」

とのことで、IAEAの基準では避難の必要があるレベルとのことです。

ただ、

「放射性物質の飛散は風や雨、地形にも影響され、一様ではない」

とも説明しています。

そしてIAEAは、福島県飯舘村から住民を避難させる検討をするよう、日本政府に勧告したとのことです(日本政府も直ちに調査を開始したようです)。

※3/31 11:00からの枝野官房長官記者会見において、
「直ちには、避難地域の拡大は考えていない。」
「モニタリングを強化する。」
旨の発言がありました。

日本政府は福島第1原発の半径20キロメートル圏内の住民に避難を指示、20〜30キロメートル圏内の住民には屋内退避を指示するとともに自主避難を促していますが、40キロメートル離れた飯舘村に対しては避難や屋内退避の指示は出ていません。

海外では「日本政府の避難指示地域は狭すぎる」との指摘も出ており、今後地域の拡大などの対応が間違いなく、それも早急に迫られるでしょう。

いや、早急に対応しなければならないのです。

さらに、IAEAは福島第1原子力発電所について、

「再臨界」

の可能性もあるとみて、分析作業を進めていることも明らかにしました。

IAEA原子力安全局担当のデニス・フローリー事務次長は、

「最終判断ではない」

「局所的に起こる可能性があり、放出が増える可能性もある」

と述べてます。

ますます福島原子力発電所から目が離せない状況になってきました。

|

海外メディアで報じられた福島原発事故

私のブログはすっかり福島原発の放射線漏れ事故関連の話題一色となってしまいました。

もう少し落ち着いてきましたら、他の話題も少しづつアップしていきたいと思っています。

原発事故関連の話題をいろいろ紹介していますが、不安を煽るつもりは全くありません。

最終的には自分自身で判断し、行動に移さなければなりません。

そのためには可能な限り多くの情報に接しておく必要があると思うのです。

今後も可能な限り頑張ります。

・・・・・・・・・・・

さて、、福島原発から放出された放射性物質は、世界に広がりを見せ、

アメリカ、イギリス、アイスランド、スイス、韓国、中国、ロシア、フィリピン

で、微量の放射性物質が検出されています。

専門家は、この放射性物質は非常に微量であり、環境や人体に影響はないとしていますが、そのように放射性物質が世界中に拡散を見せる中、CNNで報じられた内容を紹介します。

-------------------

プログシェアズ財団(Ploughshares Fund)と、反核団体に所属するジョセフ・サーインシオン氏(Joesph Cirincione)はCNNで以下のように指摘しました。

「福島原発の状況は極めて深刻で、(間違っていると信じたいが)最悪の状態になるだろう」

◇福島原発は6基が密接に並びどれか1基の対応に失敗すればドミノ的に全て対応 できなくなる。

◇放射能が強くなれば現場作業員が避難しなければならず、今後どこまで事態が悪化するか誰も予測がつかない状況だ。

◇日本当局では対応能力を超えた事態になっている。

◇最悪のシナリオは、核燃料のメルトダウンが起き、核燃料が外部溶け出し、100km圏の範囲で避難が必要になるだろう。

-------------------

日本では

「直ちには健康に影響を及ぼすものではない」

と安全なのかどうかわからないような微妙な言い回しで、国民は全く安心できない状況で報じられていますが、アメリカなど海外では現実をもっとシビアに報道しているようです。

そのように報道されるのは、十分なデータが海外に提供されていないことも理由の一つかもしれません。

原発の放射性物質漏れに関しては日本国内だけではとどまる話ではなく、地球全体に関係する話です。

日本が世界から孤立することがないよう、海外に対しても十分な情報提供が必要のではないでしょうか?

|

子供たちを守ろう!

「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」という民間ボランティア団体があります。

この団体は、チェルノブイリ原発事故で被災した子どもたちを日本に招待し転地療養させることによって健康回復をはかる“保養里親運動”をはじめ、被災地に対して様々な救援活動を行なっています。

その公式サイトで福島県で現地リポートしたブログ「子供たちを県外へ」が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

また、チェルノブイリ汚染地の子供たちの身体におこっていることや、現地の母親からの手紙などもこの公式サイトで紹介されています。

福島第一原発事故について、スリーマイル島の原発事故のレベルを越えたと報道するマスコミもある中、他人事では無く、今、正に身近に起きていることなのです。

|

放射線量について(3/31 6時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月31日(木)
[都心]
    6:05時点   約17.1cpm  (約0.143マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    6:07時点   約18.4cpm  (約0.153マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月30日 (水)

放射線量について(3/30 17:30過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月30日(水)
[都心]
   17:35時点   約17.4cpm  (約0.145マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   17:37時点   約18.6cpm  (約0.155マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

「私なら住み続ける」ロバート•ゲイル博士

3月21日に来日したインペリアルカレッジ ロンドン、医学部実験医学部門血液内科 客員教授のロバート・ ピーター・ゲイル博士は、原発作業員の健康モニターを行っている医師と26日に意見交換しました。

ゲイル博士は、1986年のチェルノブイリ原発事故で被曝治療に当たった経験があり、その経験を役立てても らいたいから行ったそうです。

ゲイル博士は、この意見効果やその後の記者会見などで以下のように述べています。

米国は80キロ圏内の米国人に避難を勧告したが過剰反応すぎる。

たとえば60歳や70歳といった年齢で、住み慣れた家を離れて避難所生活を送ったり、知らない土地に移った りした場合、高い濃度の放射性物質にさらされる恐れがある地域に住み続けるよりも健康被害のリスクを上昇 させることになるだろう。

現時点で、高濃度の放射性ヨウ素にさらされた場合のリスクはがんの発症率が上がること。
私は65歳で若くはない。
もし私が避難・退避圏内に住んでいたとしても、住み続ける方を選択するだろう。

日本では、飲み水について1キロあたり300ベクレル(乳児は100ベクレル)という基準を定めているが、1キ ロあたり300ベクレルの水を1日5リットル、1カ月飲み続けて、ようやく東京とロサンゼルス間を航空機で往復 した時に浴びる放射線量と同じ、というレベルだ。
今のところパイロットらが何らかの健康上の問題を抱えている、というデータはない。

子どもに関しては、放射線によって受ける影響が大人より大きい。甲状腺がんになる可能性も、大人より高い 。

避難・退避圏外でも基準値以上の放射性セシウムやヨウ素が検出されているが、チェルノブイリ事故でも同 様のことが起こった。
そのとき、英政府は検出された地方の羊肉の流通を止めて対処した。風の流れで、福島でもこうした地域は 出るだろうが、住めなくなることは意味しない。
生産規制などの対応をとればよい。

被爆国日本は放射性物質にとても敏感で、基準は世界的にみても厳しい。
だけど、敏感すぎて、差別が起こるようなことになってはならない。

避難する住民は、大きな影響を受ける。
どの地域まで避難指示を出すかは複雑な決定だが、現在日本政府が設定している地域は合理的だと思う。 現時点では、これ以上避難地域を拡大することの正当性は見いだせない

片道切符で来たので、必要であれば、できる限りのお手伝いをしたい。

|

放射線量について(3/30 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月30日(水)
[都心]
   12:05時点   約17.5cpm  (約0.146マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:07時点   約18.6cpm  (約0.155マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射性物質、スリーマイルの19万倍?

米国にエネルギー環境調査研究所(IEER)という市民団体のグループがあります。

その市民団体が29日に福島第1原発の事故で放出された放射性物質の量の試算をまとめました。

それによると、

「1979年に発生した米国のスリーマイル島原発事故で放出された量の14万〜19万倍に上る。」

との結果です。

IEERによれば、事故でこれまでに環境中に放出されたヨウ素131の量は

”240万キュリー(1キュリーは370億ベクレル)

と推定され、これだけでスリーマイル島原発事故の放出量の

14万倍

となります。

これに加えて、放射性のセシウム134とセシウム137が

計50万キュリー

程度放出されたとみられ、これらを合せると放出量は

19万倍

になるとの計算になるようです。

IEERのアージャン・マキジャニ所長は

「事故の深刻度の国際評価尺度で、スリーマイル島原発事故と同じレベル5だとする日本の公式見解は、幻想としか思えず、多くの誤解を招くものだ」

と批判しています。

彼によれば、評価尺度はより深刻な

レベル6”

に当たると指摘しています。

さらに、

「日本政府は、事故の実態を市民によりよく理解させるため評価をレベル6に引き上げ、これまで放出された放射性物質の量や、今後予想される放出量などを詳細に公表すべきだ」

と述べています。

|

放射線量について(3/30 6時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月30日(水)
[都心]
    6:05時点   約17.3cpm  (約0.144マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    6:07時点   約18.7cpm  (約0.156マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月29日 (火)

放射線量について(3/29 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月29日(火)
[都心]
   17:05時点   約17.6cpm  (約0.147マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   17:07時点   約19.2cpm  (約0.160マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

ノルウェー気象研究所 放射性物質の拡散予想

ノルウェー気象研究所(NILU)発表が放射能予報(シュミレーション)を公表しています。

こちらから

ページ右下テーブルjapan以下の[ > ]をクリックしてください。

※シュミレーションを見ていると「ドキッ」としますが、サイトにも書いてありますとおり、あくまで予想される最悪のシナリオであり、限られた情報を元にした高度に不確実なシュミレーションであるとのことですので、おおまかな拡散傾向のみの参考レベルだと思います。

|

放射線量について(3/29 12:30頃時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月29日(火)
[都心]
   12:25時点   約17.5cpm  (約0.146マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:27時点   約19.4cpm  (約0.162マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/29 6時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月29日(火)
[都心]
    6:05時点   約17.5cpm  (約0.146マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    6:07時点   約19.3cpm  (約0.161マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

プルトニウムの毒性

プルトニウムの毒性について、内閣府原子力委員会専門委員である中部大学の武田邦彦教授がコメントをしていますのでご紹介します。

---------------------------

今回の福島原発では、1号機、2号機、4号機が通常のウラン燃料を使っています。

ウラン燃料というのはウラン235を核爆発させるもので、多くの原子炉で使われているものです。

これに対して3号炉は、プルトニウムという元素を燃料に使っています。

これはウラン235を核爆発させますとプルトニウムはできますので、それを回収して再度、燃料として使うのです。

つまり、普通のウラン235の燃料の時には4.5%程度のウラン235の純度で燃料として使うのですが、プルトニウムは9%程度で使用します。

また少しややこしいのですが、ウラン235燃やすとプルトニウムができます。

お役目が終わって燃料を取り出すときにはある程度のプルトニウムを含んでいます。

ところで、プルトニウムがなぜ問題かというと、一つにはプルトニウムというのは自然界にはない元素でウラン235の核爆発で作られます。

第2番目はプルトニウムには非常に強い毒性があるという考えられていることです。

大震災と福島原発の事故の後なので、これまで話を控えていましたが、広島の原爆がウラン235、長崎の原爆がプルトニウムでした。

そこで今回、万が一、3号炉が水素爆発したときに、プルトニウムの飛散が予想されますので、それに対して事前に準備をしておくべきかどうかを中心に話をしたいと思います。

プルトニウムの毒性は次の三つです。

1.   放射線が強い、

2.   放射線の中でも体の表面や内蔵の表面を損傷する、

3.   人体へ特別強い毒性を持っていると言われている。

わたくしがウラン濃縮の研究をしている当時、プルトニウムの毒性を知ることが大切だったので、かなりの量のアメリカの文献を読んだことがあります。

ウランが核爆発をする条件とか、プルトニウムの毒性の基礎的な研究は、第2次世界大戦時代のアメリカに最も多く、特に初期の研究では研究者の死につながるような事故等も伴いながら研究をしています。

従って、その時代の文献はとても大切です。

また長崎原爆、チェルノブイリ等、関係する資料も比較的整理されています。

それらによると、プルトニウムの特性は次のように考えられます。

1.放射線は強いのですが、放射線の量を常に測定して管理しておけば、他の放射性物質と同じと考えられる、

2.放射線の中でも体の表面や内臓の表面を損傷する特徴があるが、これもプルトニウムばかりでなく他の放射性物質でもその程度は同じ、

3.プルトニウムだからといって人体に特別な毒性はない。

1.や2.はすぐ理解できると思います。

まず外から来る放射線は人間にとって「どの放射性物質から出ている放射線か」かということをわかりません。

放射線の種類やエネルギーによって人体に対する影響が決まるだけです。

プルトニウムか体内に入った場合ですが、ほとんどは口から入ったら、胃や腸を通って比較的早い時期に排泄されます。

その時に、消化器官の表面に放射線があたりますが、これもプルトニウム以外の放射性物質と同じです。

このようなことから、プルトニウムだから毒物だということないというのがわたくしの判断です。

このようなわたくしの判断は今までも機会のあるときに、話してきましたが、それに対して、主に原発反対派の人から強い反論があります。

それはプルトニウムの毒性は特別で「角砂糖5ヶで日本人が全滅する」と言われます。

わたくしは責任ある立場でしたから、事実を調べるために、随分文献を読んでみましたが、このような毒性を見つけることはできませんでした。

科学的事実に賛成派も反対派もないのですが、この件についてはわたくしは「推進派」と同じ考えです。

繰り返しますが、科学的事実には推進派も反対派もありません。

ただ国民の健康だけを考えて判断する必要があります。

それなのに、「プルトニウムの毒性」という問題を、科学ではなく思想の問題に置き換えてしまうことが、これまでこの問題がハッキリしなかった原因です。

おそらくこのブログでも、ここで「プルトニウムの毒性は特別なものではない」と書きましたので、「武田はけしからん」という反論もあると思いますが、プルトニウムの毒性は科学的事実ですから微量のプルトニウムによって、大きな損傷を受けたという医学的事実が必要なのです。

ところで、「プルトニウムの毒性は特別である」という考えに対して、2006年に電気事業連合会が反論を出しています。

ただ、電気事業連合会の普通の説明と同じで、「プルトニウムを燃料に使うことは安全である」ということを繰り返しているだけで、厳しく言えば答えになっていないという面があります。

少なくともプルトニウムの毒性に対して心配している人がいるのですから、形式的な答えではなく、実質的に踏み込んだ答えをしていればプルトニウムに対する不安感はかなり弱まったと考えられるからです。

わたくしはこのブログで常に国際放射線防護委員会 (ICRP)の勧告に基づいて作られた日本の法律の考え方と数値を使っていますが、それによると、プルトニウムはごく普通の放射性元素として分類されています。

わたくしがウラン濃縮研究をしているときに、ウランとプルトニウムの人体内での振る舞いがかなり似ていることを知りました。

ウランもプルトニウムも、

1)   比較的、消化器表面を損傷する放射線を出すこと、

2)   人間にとってウランもプルトニウムも必要のない元素なので口から入ったら比較的短時間で排泄されること、

3)   ウランやプルトニウムは腎臓に行きますが、それは排泄のためであり、だから早期に排泄されること、

4)   ウランを間違って飲んだ例では、障害がでていないこと、

等です。

生物関係の方面ではよく知られているように、「人間は必要なものは取り込み、不必要なものを排泄する」という機能を持っています。

例えば人間の血液に必要な「鉄」を考えますと、鉄の放射性同位体が体の中に入ると、人間の身体は「放射性かどうか」を見分けることができないので、その鉄を体に取り込んでしまいます。

体に取り組むとそのあとずーっと放射線を浴びることになります。

逆に、ウランが入ってきてもどこに使っていいかわからないので、すぐ排泄してしまうのです。

このように、ウランやプルトニウムが人間に対して強い毒性を持たないのは、人間が使う元素ではないということが決定的な理由だとわたくしは考えています。

従って福島原発からプルトニウムか飛散しても、これまで通り放射線の強さに注意していれば大丈夫ということになります。

プルトニウムを燃料に使う3号炉について、わたくしはこれまで、危険度を他の号機に対して2.5倍にしていました。

この理由は、第1にプルトニウムの特性をもう一度調べてみようと思ったこと、第二に燃料の中の放射性物質の状態がウラン燃料と違い、やや危険側にあるということで、2.5倍をかけていました。

現在でも3号炉については、やはり2.5倍程度の数字は必要と思います。

これはプルトニウムを燃料とする軽水炉の大事故が初めてであるということです。

3号炉に関する最終的な結論は、「注意しておかなければいけないが、決定的にわたくしたちの健康に影響を及ぼすものではない」ということです。

---------------------------

|

恐れていたことが•••プルトニウム検出‼

昨日(28日)、東京電力は福島第1原子力発電所の敷地内の土壌5カ所全てでプルトニウムを検出したと発表しました。

このうち2カ所は

「原子炉から外部に漏れた可能性」

が高いようです。

検出されたのはごく微量としていますが、原子炉内の燃料棒に深刻な損傷が生じた結果と考えられます。

検出されたプルトニウムは238、239、240の3種類の同位体です。

3月21、22日に敷地内の5カ所で土壌数百グラムを採取し、外部機関に分析を依頼しました。

プルトニウム239と240を土壌1キログラムあたり最大で約1.2ベクレル検出、このうち1〜2号機から西北西500メートルにあるグラウンド付近と固体廃棄物貯蔵庫前の2カ所で238を最大0.54ベクレル程度検出したそうです。

今回はプルトニウム239、240に比べて、原子炉の中で生成する238の割合が高いとのことです。

記者会見した東電の武藤栄副社長は

「通常の環境土壌中の濃度レベルで、人体に問題になるものではない」

「プルトニウム238は今回の事故に起因すると思われる」

と述べています。

一方、経済産業省原子力安全・保安院は29日未明の記者会見で

「一定の燃料に損傷があることを示している」

「(核物質を閉じ込める圧力容器や格納容器など)5重の壁を守れなかった。非常に憂うべき事態だ」

との認識を示しました。

3号機原子炉内の燃料の一部にはウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使っており、これが溶け出すなどしてプルトニウムが検出された可能性や、プルトニウムは使用済み核燃料にも含まれるため、過熱したプールから水蒸気などとともに放出されるケースも考えられるとのことです。

|

2011年3月28日 (月)

放射線量について(3/28 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月28日(月)
[都心]
   17:05時点   約17.7cpm  (約0.148マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   17:06時点   約19.4cpm  (約0.162マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

福島第1原子力発電所のプルトニウム

東京電力では、今まで福島第1原子力発電所から漏れ出した放射性ヨードや放射性セシウムについては計測して発表していましたが、より毒性が強いといわれているプルトニウムについては一切言及していませんでした。

専門家は

「プルトニウム漏れについて調べることはそれほど困難なことではない」

とした上で、東京電力がこれについて何の発表もしないことについて疑いの目を向け始めたようです。

福島第1原発の1号機から6号機のうち、3号機以外はウランを燃料として使用しています。

しかし3号機については、ウランにプルトニウムを混ぜたMOXと呼ばれる燃料も同時に使用しています。

東京電力は昨年末からこのMOX燃料を3号機の原子炉に使用してきたようです。

複数の専門家は

「プルトニウムは重金属のため、気体のヨードに比べ原子炉から漏れ出す可能性は小さいが、もし漏れ出した場合には、ほかの放射性物質よりも危険だ」

と指摘しています。

プルトニウムから出る放射線はウランとよく似ていますが、化学的毒性はより強いとされています。

プルトニウムが出す放射線は皮膚や紙1枚で遮蔽することが可能ですが、肺などの臓器に取り込まれると長い間とどまり、がんなどを引き起こす可能性があります。

東京電力では、今後も週2回、プルトニウムの調査を行う予定で、今回の結果は数日中に判明する見通しです。

またプルトニウムだけでなく、ウラン漏れについての情報も必要という声も上がっています。

ソウル大学の黄一淳(ファン・イルスン)教授(原子核工学)は

「原発周辺に中性子がどれだけ存在しているかを測定すれば、プルトニウム漏れが発生しているのか簡単に分かる。同じく危険性の高いウランやアメリシウムなどについての情報も公開すべきだ」

と指摘しています。

このような指摘の声が大きくなったため、東京電力はこれまでの方法ではプルトニウムが検出できなかったことから、発電所内の敷地で土壌を採取し、外部の専門機関(茨城県東海村の日本原子力研究開発機構や千葉市の日本分析センター)に分析を依頼しました。

数日中に結果が判明する見通しとのことです。

(参考)
ヨウ素131 半減期:8.0日 放出する主な放射線:ベータ線
コバルト60 半減期:5.3年 放出する主な放射線:ガンマ線
セシウム137 半減期:30年 放出する主な放射線:ガンマ線
プルトニウム239 半減期:24000年 放出する主な放射線:アルファ線

|

放射線量について(3/28 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月28日(月)
[都心]
   12:00時点   約17.8cpm  (約0.148マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:06時点   約19.6cpm  (約0.163マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

ペットも一緒に避難 取組み例

以前、防災訓練時のマンション住民の意見や中越地震での例を「ペットと災害」という題で紹介させていただきました。


3月26日付けの読売新聞の夕刊で、今回の東北地方太平洋沖地震の避難所の取組が紹介されていました。

これも、新潟県の取り組み例で中越地震の経験を生かしたものとなっています。

中越地震の際は、ペット連れでは迷惑だろうと避難所に行かず、車で長期間生活した被災者が、エコノミー症候群でなくなるケースがあったそうです。

そこで、新潟県と新潟市、県獣医師会、県動物愛護協会は

「動物救済本部」

を設置したとのことです。

避難所に

「ペット専用スペース」

を設置したり、

「医師が巡回し健康相談」

を行ったりしているそうです。

ペットを飼っている方にはとても嬉しい、そしてありがたい対応ですよね?

さらに、新潟市西区にある西総合スポーツセンターでは、避難者が暮らす体育館とは別棟の屋内ゲートボール場をペット用に開放し、1匹ごとケージに入れているとのことです。

当然、ペットと一緒の避難となりますので、人間用の避難所に入る場合には服についている毛を落とすなどの一定のルールはあります。

しかし、このような取り組みは、本当に飼い主の不安を受け止めていただいていると思います。

後は、このような避難施設が何処のあるのかという情報がもっと広く周知できれば、ペットに関するトラブルも減ってくるのかもしれません。

|

2011年3月27日 (日)

放射線量について(3/27 19時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月27日(日)
[都心]
   19:15時点   約17.9cpm  (約0.149マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   19:16時点   約19.9cpm  (約0.166マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/27 12:30過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月27日(日)
[都心]
   12:45時点   約17.9cpm  (約0.149マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:46時点   約20.1cpm  (約0.168マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

ロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ博士が記者会見

ロシアの生物学者で、25年以上、チェルノブィリ原発事故とその後遺症について研究してきたアレクセイ・ヤブロコフ博士が記者会見しました。

博士の発言要旨は以下のとおりです。

------------------

チェルノブイリ事故の放射性降下物は計約5千万キュリー。

福島第1原発は今のところ私の知る限り約200万キュリーで格段に少ない。

チェルノブィリ原発では、黒鉛が燃え、放射性物質が数キロメートルの高さまで上がっていた。

そこでは絶えず風が吹き、大気の中で粒子はくるくる回転し、原子の雲を形成していた。
 
巨大な地域を汚染するためには、チェルノブィリの燃料の1.5%で十分だった。

しかし福島原発の場合は、燃えるものが何もない。電線や天井が燃えたが、有害な物質ではない。

チェルノブイリでは爆発とともに何日も核燃料が燃え続けたが、福島ではそういう事態はなく状況は明らかに違う。

福島第1原発はチェルノブイリより人口密集地に位置し、200キロの距離に人口3千万人の巨大首都圏がある。

さらに、福島第1の3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使ったプルサーマル発電。

もしここからプルトニウムが大量に放出される事態となれば、極めて甚大な被害が生じる。

除去は不可能で人が住めない土地が生まれる。それを大変懸念している。

チェルノブイリ事故の最終的な死者の推定について、国際原子力機関(IAEA)は「最大9千人」としているが、ばかげている。

私の調査では100万人近くになり、放射能の影響は7世代に及ぶ。

セシウムやプルトニウムなどは年に1-3センチずつ土壌に入り込み、食物の根がそれを吸い上げ、大気に再び放出する。

例えば、チェルノブイリの影響を受けたスウェーデンのヘラジカから昨年、検出された放射性物質の量は20年前と同じレベルだった。

そういう事実を知るべきだ。

日本政府は、国民に対し放射能被害を過小評価している。

「健康に直ちに影響はない」という言い方はおかしい。

直ちにではないが、影響はあるということだからだ。

もし、放射能を帯びた雲を雨雲にして雨を降らせなかったなら、チェルノブィリ原発事故の後遺症ははるかに深刻なものとなったろう。

当時、放射性物質を内に含んだ雲が水に変えられ、雨を降らした。

海の近くで、雲を雨にして落としてしまう必要がある。

中国でも韓国でもロシア極東でも今、雲を雨に変えてしまう薬品を積んだ飛行機を飛ばす用意をすべきだと思う。

当然、海や海の生態系に、海に住む生物に影響が出るだろうが、まず人間を救わなくてはならない。

|

フランス放射線防護原子力安全研究所が最悪ケースのシュミレーションを発表

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、福島第一原子力発電所周辺のモニタリングポストにおける放射線量の計測データと、最悪のケース(炉心完全溶解)を想定したシミュレーションデータを公開しました。

IRSNについて(日本語)(pdf)
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-about-irsn.pdf
   
IRSN 良くある質問(日本語)(pdf)
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-QA-jp.pdf 
 

読んでみましたが、結構わかりやすい解説です。

福島第一原発の事故後、いろいろ疑問に思っていること、知りたかったことがこれである程度はすっきりした感じです。

かといって、これからも大変難しい対応となることには変わりありませんが・・・。

|

放射線量について(3/27 7:30過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月27日(日)
[都心]
    7:35時点   約18.1cpm  (約0.151マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    7:36時点   約20.3cpm  (約0.169マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月26日 (土)

放射線量について(3/26 17時頃時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月26日(土)
[都心]
    16:55時点   約18.7cpm  (約0.156マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    16:56時点   約21.3cpm  (約0.178マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

東京都の水道水の水系、放射性ヨウ素への活性炭の効果

以前、このブログでも東京都の浄水場から放射線が検出された記事を紹介しました。

その時、なぜ全ての浄水場を調べないのか疑問に思っていました。

それについて、東京都水道局のホームページにQ&Aとして出ていましたのでここで引用紹介します。

Q なぜ、金町浄水場、朝霞浄水場、小作浄水場だけ分析しているのか?

5 東京都水道局の水源は、主に利根川、荒川、多摩川水系があります。これらの浄水場は、利根川水系の代表として金町浄水場、荒川水系の代表地点として朝霞浄水場、多摩川水系の代表として小作浄水場で測定をしています。

また、以下のようなQ&Aがありましたの紹介します。

Q 水源地や河川に雨が降っても問題ないか。
A 雨が降った場合には、放射性物質の粒子が雨水とともに降下し、河川などに流入する可能性がありますので、水道局では、浄水薬品の注入量を増やしたり、粉末活性炭注入を徹底して、浄水処理を強化しています。

放射性ヨウ素に限っていえば、活性炭が有効なようです。

原子力発電所の排水システムには活性炭が、空調システムには活性炭フィルターが使われていることから、放射性物質(放射性ヨウ素)には、活性炭が有効ということが分かります。

確か、活性炭にはたくさんの微細な穴が開いて、その表面積は活性炭1gあたり500~2000㎡もあるので、そこに放射性物質(放射性ヨウ素)を閉じ込めるのでしょう。

厚生労働省の資料でも下記の記述がありますので紹介します。

福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について

(原文から抜粋引用)。
[浄水処理によるヨウ素I131の除去に関する知見]
放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭処理による除去効果を示す知見が存在する。

・アルミニウムを凝集剤として用い、活性炭(5~15 ppm)を添加した場合、凝集沈殿による131Iの除去率は、約6~7割除去できる知見が報告されている。

・粉末活性炭による131Iの除去実験では、原水への添加の場合、活性炭注入率が5、30、200 mg/Lで、除去率はそれぞれ74%、100%、100%。同様の実験をろ過水に添加した場合、活性炭注入率が5、30、200 mg/Lで、131Iの除去率はそれぞれろ過水の濃度からみて22%、39%、47%であった。

|

放射線量について(3/26 13時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月26日(土)
[都心]
    13:20時点   約18.7cpm  (約0.156マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   13:16時点   約21.4cpm  (約0.178マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/26 8時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月26日(土)
[都心]
    8:20時点   約18.8cpm  (約0.157マイクロシーベルト)

[多摩地域]
    8:16時点   約21.5cpm  (約0.179マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月25日 (金)

放射線量について(3/25 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月25日(金)
[都心]
   17:00時点   約19.3cpm  (約0.161マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   17:03時点   約21.8cpm  (約0.182マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/25 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月25日(金)
[都心]
   12:10時点   約19.3cpm  (約0.161マイクロシーベルト)

[多摩地域]
   12:13時点   約22.1cpm  (約0.184マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

東京都のコマツナから基準値越え!

東京都からの発表です。

昨日24日、東京都江戸川区の農林総合研究センター江戸川分場で露地栽培されている「コマツナ」から食品衛生法に基づく暫定規制値(1kgあたり500ベクレム(Bq))の

1.8倍の890Bq

の放射性セシウムが検出されました。

研究用のため市場には流通していません。

同時に調査した同じ分場内のワケネギは問題ありませんでした。

東京都は、近隣農家が露地栽培しているコマツナも調査。

こちらからは350Bqと規制値以下だったため、東京都は

「出荷自粛を要請する必要なし。」

と判断したようです。

また、

「局所的に高い数値が出た。」

可能性もあるとみて、今後も検査を継続するようです。

|

屋内退避地域の避難を検討


新聞記事によれば、昨日(24日)、政府・民主党が現在屋内退避指示となっている東京電力福島第一原子力発電所から半径20〜30キロ圏内の住民について、

「30キロ以遠への『避難』」

に切り替える方向で検討を始めたとのことです。

その理由は、屋内退避地域には食料も水もなく、医療機関も機能せず、ガソリンもほとんどないという状況で生活が成り立たなくなっているためです。

枝野官房長官も記者会見で、

「なかなか物資が届きにくく、屋内退避が相当長期に渡ってきていることも考え、今のまま生活が続けられるかどうかについて、住民へのサポートの現状を検証するよう指示している。そうした社会的な要請によって、対応をどうするかは、検討しないといけない」

と述べています。

ただ、

「仮にそういう指示を出す場合、そのことで、危険がさらに広がったという間違ったメッセージにしてはならず、気をつけないといけない」

ということも強調していて慎重に判断する考えを示しています。

住民を避難させるためにはまず非難対象者がどの位いるのかの把握が必要です。

およそ1万人から2万人が暮らしているとみられていますが、正確には把握できていないようです。

したがって、政府は20キロから30キロ圏に屋内退避している住民の数を、当面、警察庁と防衛省を中心に調査する方針を決めたようです。

さらに、防衛省は自衛隊が20キロから30キロ圏で屋内退避している住民に対して、食料などの支援に重点を置く方針も確認したということです。

|

放射線量について(3/25 6時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月25日(金)
[都心]
    6:15時点   約19.4cpm  (約0.162マイクロシーベルト)
   
[多摩地域]
    6:13時点   約22.5cpm  (約0.188マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月24日 (木)

日本産婦人科学会 「妊婦に害なし」と推定

本日(3月24日)、日本産科婦人科学会は、1kg 当たり200 ベクレル前後の放射性物質を含む水道水(軽度汚染水道水と表現します)を長期にわたって飲んだ場合の健康への影響について学会の見解を示しました。

結論的には、

「(現状の)水道水を連日飲んでも、母体や胎児に健康被害は起こらず、授乳を続けても乳幼児に健康被害は起こらないと推定される」

とのことです。

その根拠等についてはこちらをご覧ください。

|

放射線量について(3/24 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月24日(木)
[都心]
    ー 時点   ー cpm  (約 ー マイクロシーベルト)
    ※システムにエラーが起きているようです。

[多摩地域]
   17:03時点  約22.8cpm  (約0.190マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

千葉県でも基準値越え!

千葉県水道局において、3月23日に採水した浄水の放射性ヨウ素131の測定結果が公表されました。

ちば野菊の里浄水場及び栗山浄水場において乳児による水道水の摂取を控える指標である100ベクレル/キログラム(Bq/kg)を超える数値が検出されました。

ちば野菊の里浄水場
  放射性ヨウ素131  220Bq/kg

栗山浄水場
  放射性ヨウ素131  180Bq/kg

柏井浄水場(西側施設)
  放射性ヨウ素131    85Bq/kg

県が乳児の水道水飲用を控えるよう求めた市は以下の通りです。

船橋市、市川市、鎌ケ谷市、浦安市、千葉市、習志野市、松戸市、市原市、成田市、印西市、白井市。

両浄水場とも、東京・葛飾区の金町浄水場と同じく江戸川水系から取水しているとのことです。

|

金町浄水場の放射線測定結果

昨日報道があった、東京都葛飾区の金町浄水場の3月23日午前9時及び24日午前6時現在の放射能測定結果を公表しました。

3月23日
放射性ヨウ素(ヨウ素131)  190ベクレル/キログラム(Bq/kg)

3月24日
放射性ヨウ素(ヨウ素131)   79ベクレル/キログラム(Bq/kg)

食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/kgを下回っています。

|

放射線量について(3/24 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月24日(木)
[都心]
    ー 時点   ー cpm  (約 ー マイクロシーベルト)
    ※システムにエラーが起きているようです。

[多摩地域]
   12:03時点  約23.2cpm  (約0.193マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

埼玉県川口市でも・・・

本日24日、埼玉県川口市でも乳児の暫定基準値(100ベクレル)を超える120ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表しました。

川口市の新郷浄水場で採取した水道水から検出されたようです。
市によると、検査日は22日のようです。

市は乳児の摂取を控えるよう、給水地区の住民に呼びかけるとしています。

新郷浄水場は、東京・葛飾区の金町浄水場と同じ江戸川水系の県営新三郷浄水場(埼玉県三郷市)から供給された水と、地下水を混ぜて水道水を供給しているとのことです。

供給先は、川口市内の新郷、安行、南平の3地区です。

それにしても、東京に比べて発表が遅くありませんか?

|

神奈川県の水道水からも検出!!

原発事故の影響で広範囲の水道水から放射性物質が検出されたことを受け、神奈川県内の自治体も23日 に採水した水道水の測定結果を相次いで公表しました。

計9カ所の浄水場から微量の放射性ヨウ素が検出されたようです(放射性セシウムは検出されず)。

いずれも国の指標値以下(ヨウ素の指標値は、1キログラム当たり300ベクレル未満。乳児は100ベクレル未 満。)ですので、安全面に問題はないとしています。


県企業庁は2カ所の浄水場で測定を実施しました。
単位はべクレル/キログラム(Bq/kg)

○谷ケ原浄水場(相模原市緑区谷ケ原)
 3月22日  ヨウ素131  不検出
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出
 3月23日  ヨウ素131  不検出
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○寒川浄水場(寒川町宮山) 
 3月22日  ヨウ素131  67.8
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出
 3月23日  ヨウ素131  51.8
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

広域水道企業団では4カ所の浄水場で測定を実施しました。

○西長沢浄水場
 3月23日  ヨウ素131   9.2
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○相模原浄水場
 3月23日  ヨウ素131   18.4
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○伊勢原浄水場
 3月23日  ヨウ素131   14.1
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○綾瀬浄水場
 3月23日  ヨウ素131   55.7
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

横浜市水道局では4カ所の浄水場で測定を実施しました。

○小雀浄水場
 3月22日  ヨウ素131  55.3
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出
 3月23日  ヨウ素131  56.8
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○西谷浄水場
 3月22日  ヨウ素131  不検出
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出
 3月23日  ヨウ素131  不検出
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

○川井浄水場
 3月22日  ヨウ素131  不検出
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出
 3月23日  ヨウ素131  11.9
       セシウム134 不検出
       セシウム137 不検出

川崎市上下水道局では3カ所の浄水場で測定を実施しました。

○長沢浄水場
 3月22日  放射性ヨウ素   不検出
       放射性セシウム  不検出
 3月23日  放射性ヨウ素   不検出
       放射性セシウム  不検出

○潮見台浄水場
 3月22日  放射性ヨウ素   不検出
       放射性セシウム  不検出
 3月23日  放射性ヨウ素   9.5
       放射性セシウム  不検出

○生田浄水場
 3月22日  放射性ヨウ素   不検出
       放射性セシウム  不検出
 3月23日  放射性ヨウ素   9.3
       放射性セシウム  不検出

各自治体とも当分の間は、毎日測定を続けるようです。

◇県営水道の放射能濃度の測定結果[神奈川県ホームページ

※トップページから「県営水道の放射能濃度の測定結果」にお入り下さい。また、神奈川県内の環境放射線 の状況もご覧になれます。

神奈川県内広域水道企業団

※トップページから「水道水の放射性物質の測定結果について」にお入り下さい。直接ご覧になりたい方はこちらから。

横浜市水道局

※水道局トップページから「水道水の放射性物質について」にお入り下さい。直接ご覧になりたい方はこちらから。

川崎市上下水道局

※上下水道局トップページから「水道水の放射能の測定結果について」にお入り下さい。直接ご覧になりた い方はこちらから。

|

放射線量について(3/24 6時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月24日(木)
[都心]
    6:07時点  約20.2cpm  (約0.168マイクロシーベルト)
   
[多摩地域]
    6:03時点  約23.5cpm  (約0.196マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月23日 (水)

中性子線、13回確認‼

私は放射線に詳しくありませんが、これってまずい状態ですよね?

どういうことかと言うと、3月11日以降、福島第一原発敷地正門で中性子線が13回も検出されていたらしいのです(東電発表)。

中性子線はウランやプルトニウムが核分裂する際に発生するもので、他の放射線に比べ透過力が強い放射線です。

と言うことは、原発内で核分裂が起きてることになります。

線量は毎時0.01~0.02マイクロシーベルトで人体に影響はないレベルとのことですが、核燃料の一部が損傷している可能性がかなり高まったことになります。

また、中性子線が出ていると言うことは、燃料棒が水に完全に漬かっていないということを意味します。

使用済み燃料棒がなんで水の中にあるかというと、冷却の意味もありますが、それより重要なのは、中性子線を遮断する役割があるからです。

一刻も早くなんとかしなければいけないと思っても、放射線量が強く近づくことさえままならない。

原発事故は本当に悪魔のようです。

|

放射線量について(3/23 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月23日(水)
[都心]
   17:01時点  約19.8cpm  (約0.165マイクロシーベルト)
   
[多摩地域]
   17:03時点  約24.3cpm  (約0.203マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

ついに東京でも•••

3月23日、東京都水道局からの発表です。

葛飾区の金町浄水場の放射線濃度を測定したところ、乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表しました。

検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレル(大人は300べクレル)を

110ベクレル

も上回っていました。

つまり、乳児向けの飲用基準(暫定)の2倍です。

東京都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけはじめました。

ただ、厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えないとしています。

とうとう、首都東京まで来てしまいました。

東京都には四大浄水場があります。

金町、朝霞、玉川、東村山です。

その他にもあるかもしれません。

東京都によると、22日に3カ所の浄水場で検査し、小作浄水場(羽村市)は32ベクレル、朝霞浄水場(埼玉県朝霞市)では検出されなかったようです。

他の浄水場はどうなんでしょうか?

直ちには問題無いとしても、将来的には健康にかかわることですから、検査・発表は全て実施してもらいたいものです。

|

放射線量について(3/23 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月23日(水)
[都心]
   12:07時点  約21cpm  (約0.175マイクロシーベルト)
   
[多摩地域]
   12:13時点  約25cpm  (約0.208マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

プリウスミニバン 発売延期‼

久しぶりに自動車ネタを書きます。

とはいっても、明るい話題ではないですが・・・。

トヨタが4月下旬に発売を予定していたプリウスのミニバンタイプの発売を延期することを明らかにしました。

この車は、2011年1月10に開幕した「デトロイトショー」において発表された新型モデルです。

エンジン(1.8リットルエンジン+2モーター)や車体の基本部分はプリウスの改良版ですが、そのプロトタイプの試乗記事から読み取る限り、エンジンノイズやロードノイズはプリウスより低減され、静粛性がかなり向上されているというので個人的には少し気になっていた車種です。

私も何度かノーマルのプリウスに乗ったことがありますが、インバーターからの高周波音が結構大きく、モーターのみで走行しているときにはかなり耳障りでした。

しかし、試乗記事を読む限りでは、

「ほとんど気にならない!!」

とのことです。

私も、発売時には是非試乗したいと思っていましたが発売延期のしらせにガックリきています。

なぜ、発売延期かというと、東日本大震災の影響で部品の調達が難しく、生産の見通しが立たないためだそうです。

そして、新しい発売時期はというと

「未定」

なのだそうです。

トヨタ自動車にとっても売れ筋の車種の発売延期は痛手でしょうが、東日本大震災からの復興を心から願いつつ、静粛性と高燃費のプリウスミニバンに試乗できる日を心待ちにしたいと思います。

|

放射線量について(3/23 7時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月23日(水)
[都心]
    7:03時点  約21cpm  (約0.175マイクロシーベルト)
   
[多摩地域]
    7:03時点  約25cpm  (約0.208マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年3月22日 (火)

放射線量について(3/22 18時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月22日(火)
[都心]
   18:00時点  約20cpm  (約0.167マイクロシーベルト)
   システムが少し不安定のようです。
[多摩地域]
   18:03時点  約25cpm  (約0.208マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

放射線量について(3/22 12時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合 計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。


3月22日(火)
[都心]
   10:29時点  約20cpm  (約0.167マイクロシーベルト)
   何らかの原因で上記時点からの更新がストップしているようです。
[多摩地域]
   12:23時点  約25cpm  (約0.208マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、 観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思います。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

複数の海外専門家のコメント

海外の複数の専門家が福島第1原子力発電所の一連の放射線漏れについてコメントを発表しています。

事故後、現場から約8000キロメートル離れた米国の各都市でも、ヨウ化カリウムを購入する住民が後を絶たずパニック状態のようです。

○ドナルド・バックリン博士

米アリゾナ州にある同国最大の原発、パロ・ベルデ原発の医療責任者を務めた人物です。

博士によれば、仮に現在福島第1原発で進められている原子炉の冷却作業が失敗に終わり爆発が起こったとしても、放射性物質による深刻な被害は米国はおろか東京にさえも及ぶことはないとのことです。

同博士は、電話でのインタビューで、

「科学的根拠のないパニックが起こっている」

とした上で

「最悪の事態が起こったとしても、それはあくまで局地的な問題にとどまる。世界全体が危険にさらされるわけではない」

と強調したそうです。


○ジョン・ベディントン教授

インペリアル・カレッジ・ロンドンの教授で英国政府の主席科学顧問を務めている人物です。

このほど行われたという電話会議で、

「原発の周囲20キロメートル圏内を立ち入り禁止とした日本政府の指示は賢明かつ妥当なものだ」

と指摘したそうです

最悪のシナリオとして放射性物質が上空最高500メートルにまで吹き上がる事態にも言及し、

「現場から220キロメートル離れた東京まで届く可能性は低い」

とのことです。

同教授によれば、過去最悪とされる1986年のチェルノブイリ原発事故では原子炉の爆発で放射性物質が上空約9000メートルの高さにまで吹き上がりましたが、発電所から半径30キロメートルを超えた地域では放射能関連の問題は起こらなかったそうです。


○電話会議での他の複数の専門家

妊婦や子どもの健康には現状の放射能の何百倍のレベルが必要で、健康な大人にとってはさらに放射能レベルが高くならないと影響はないとの指摘。

ブリティッシュスクールの学長が休校をつづけるべきか尋ねたところ、

「放射能に関する恐れのためなら休校の必要はない。余震や建物の状態などに関する理由ならばありえるかもしれない。」

との答え。

ヨード剤の補充に関して、

「ヨード剤は現場で放射能を体内に吸収した場合や汚れた食料を食べた場合だけ必要。」

「ヨード剤の長期的服用は健康に良くない」

とのことです。


○リチャード・レスター教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)の原子力科学部学部長を務めている人物です。

福島第1原発から漏れ出した放射性物質は卓越風に乗り、通常は海上に押し出されます。この場合、一般の人々に放射能被害がもたらされるリスクはほとんどないとのこと。

その上で、

「風向きが変わって風力が強まれば、粒子状になった放射性物質が東京に達するケースはある」

としながらも

「そうした可能性はごくごくわずか。原子炉の冷却が進むなか、状況は日を追って改善に向かっている」

との認識を示したようです。


○バックリン博士

USヘルスワークスの役員。

「仮に原発で巨大爆発が引き起こされ、東京方面に強風が吹き付けるような事態になれば、都内およびその周辺の放射線量はいくらか上昇するかもしれないが、大勢の人が亡くなるような悲惨な結果を招くことはない。他地域へ避難する必要はない」

と強調しました。

|

放射線量について(3/22 5:30過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月22日(火)
[都心]
    5:35時点  約20cpm  (約0.167マイクロシーベルト)
[多摩地域]
    5:37時点  約25cpm  (約0.208マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月21日 (月)

放射線量について(3/21 18時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月21日(月)
[都心]
   18:00時点  約17cpm  (約0.142マイクロシーベルト)
[多摩地域]
   18:07時点  約20cpm  (約0.167マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/21 12:30過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月21日(月)
[都心]
   12:35時点  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
[多摩地域]
   12:37時点  約18cpm  (約0.150マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/21 7:30頃時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月21日(月)
[都心]
    7:31時点  約14cpm  (約0.117マイクロシーベルト)
[多摩地域]
    7:27時点  約16cpm  (約0.133マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月20日 (日)

放射線量について(3/20 17時過ぎ時点)

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月20日(日)
[都心]
   17:16時点  約14cpm  (約0.117マイクロシーベルト)
[多摩地域]
   17:17時点  約16cpm  (約0.133マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/20 13過ぎ時点) 

東京都の都心(文京区)及び多摩地域の南部(日野市)に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値(平均値)を紹介させていただいております。
※今回から都心が加わりました。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月20日(日)
[都心]
   13:16時点  約14cpm  (約0.117マイクロシーベルト)
[多摩地域]
   13:17時点  約17cpm  (約0.142マイクロシーベルト) 

(参考値:多摩地域)
2010年12月  平均約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/20 7:24時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月20日(日)
7:24時点  約16cpm  (約0.13マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月19日 (土)

放射線量について(3/19 19:23時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月19日(土)
19:23時点  約16cpm  (約0.13マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

IAEA 東京都内で健康上の危険はない

国際原子力機関(IAEA)のグラハム・アンドリュー科学技術担当補佐官の発表です。

それによると、東京都内で行った同機関の専門家チームによる放射線量の第1回計測(18日)の結果、「ヨウ素131」や「セシウム137」は検出されなかったようです。

そして、

「東京都内で健康上の危険はない」

との評価を明らかにました。

ひとまず安心です。

さらにIAEAによると、秘密核実験を監視する包括的核実験禁止条約機関準備委員会が測定した放射線レベルも、IAEAの評価を裏付けているとのことです。

一方、IAEA関係者によれば、CTBTO準備委員会の測定で、米カリフォルニア州南部のサクラメントでも福島第1原発からの放射線が検出されたとのことです。

ただ現状は健康上の危険があるレベルを大幅に下回っているようで、まったく心配することはなくこちらも一安心です。

|

放射線量について(3/19 13:14時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月19日(土)
13:14時点  約17cpm  (約0.14マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/19 8:24時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月19日(土)
8:24時点  約17cpm  (約0.14マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月18日 (金)

放射線量について(3/18 19:24時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月18日(金)
19:24時点  約17cpm  (約0.14マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

19年ぶりに月が地球に最接近

明日、3月19日に月と地球が最接近します。

その現象は

「スーパームーン(Super Moon)」

と呼ばれているもので、地球と月の距離は約35万6577キロメートルだそうです。

NASAによれば、月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるようで、最も美しく見えるのは、月が出始めのタイミングなのだそうです。

最大規模の接近は19年ぶりですが、一般的なスーパームーン現象は1955年、1974年、1992年、そして2005年に起きています。

一部の科学者はスーパームーンと自然災害の関係を示唆していて、

1955年 ハンターヴァレーの洪水
1974年 豪ダーウィンのサイクロン・トレイシー
2004年 スマトラ島沖地震(マグニチュード9.3)
2005年 ハリケーン・カトリーナ

などと関連付けて恐怖心をあおっているようです。

中には今回の日本の大地震もあまりのタイミングに、その因果関係を疑う人も数多いとのことです。

一方NASAは、スーパームーンと自然災害は関係ないと強調しています。

例えば、1983年3月、2008年12月に起きたスーパームーンでは無害であったからとの説明です。

まあ、このような恐ろしい話はやめましょう。暗くなるだけですから・・・。

折角の天体ショーです。

この際、月の神秘的なパワーに触れてみるのもいいかもしれません。

占星術では一般的に、月のパワーは「女性性のUP」、「受容性のUP」、または「改めて自分自身の内面を見つめる」とか、「心の傷を癒す」ことに活用できるとされています。

大切な人と19年ぶりの幻想的な「スーパームーン」を心静かに観察してみてはいかがでしょうか?

|

放射線量について(3/18 12:04時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月18日(金)
12:04時点  約18cpm  (約0.15マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

そもそも放射線って•••

放射線とは、一般的には強い電離作用(原子の軌道電子をはじき飛ばすことによって、原子を陽イオンと電子に分離する作用)を有する高いエネルギーを持った電磁波や粒子線のことを指します。

放射線を出す能力を「放射能」と呼び、放射能を持つ物質を「放射性物質」と呼びます。

粒子線には、アルファ線、ベータ線、陽子線、中性子線などがあり、電磁放射線にはガンマ線、エックス線があります。

そもそも放射性物質は人体にどのような影響を及ぼすのか調べてみました。

放射性物質には様々な種類がありますが、例えば原子力施設での放射能漏れを例にあげると、

・ヨウ素131
・セシウム137
・ストロンチウム90

などが特に人体に影響あるものとしてあげられます。

そして被爆には、皮膚などに付着した物質から放射線をあびる「外部被爆」と、呼吸などで体内に取り込まれることによる「内部被爆」があります。

先ほど例示した放射性物質は、主に内部被爆の場合で問題となります。

○ヨウ素131
ヨウ素のもっともよく知られている放射性同位体です。半減期は8日と短く、数カ月で完全に崩壊します。原子炉事故が起これば、大量の放射性ヨウ素が放出されます。甲状腺に長くとどまることが多く、ベータ線による甲状腺被曝が大きな問題となり、甲状腺がんの危険性を高めます。

○セシウム137
半減期が30年と長期にわたります。体内に入ると血液の流れに乗って腸や肝臓にガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって筋肉に蓄積したのち、腎臓を経て体外に排出されます。体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの100日から200日ですが、その間ガンマ線を放射するため、筋肉や血液に入ると周辺の骨髄や腸管などが障害を受ける。

○ストロンチウム90
半減期は29.1年。体内に入ると電子配置・半径が似ているため、骨の中のカルシウムと置き換わって体内に蓄積し長期間に亘って放射線を出し続ける。骨や歯に集まり、骨の癌や白血病を発症させるおそれ。

チェルノブイリ原子力発電所の事故では、核分裂生成物のヨウ素131が多量に放出され、これが甲状腺に蓄積したため、住民に甲状腺ガンが多発しました。

また、原発事故で放出された放射性ヨウ素を体内に取り込むと、特に子どもで甲状腺がんの発症リスクが高まるとされています。

そこで安定ヨウ素剤を予防的に服用し被爆を低減させる方法がとられます。

チェルノブイリ原発事故の際、西隣のポーランドでは事故から4日目にヨウ素剤を全病院、保健所、学校、幼稚園に配備して1000万人超の子ども、700万人の成人に投与したところ、子どもの甲状腺がんは発生しなかったとのことで、その効果は実証済です。

安定ヨウ素剤とは放射能を持たないヨウ素のことで、服用すれば、先回りして甲状腺の組織と結びつき、放射性ヨウ素が入り込むのをブロックします。

予防的に飲むのが最も効果が高く、放射線にさらされても6時間以内の服用なら効果は大きいとされています。

ただ、24時間以上経過すると既に甲状腺に放射性ヨウ素が集積しているので効果は薄まるようです。

また、安定ヨウ素剤は、放射性ヨウ素が体の中に入った場合のみに有効で、外部被ばくや他の放射性核種には効果がありません。

安定ヨウ素剤は薬局では販売しておらず、医療機関でも健康な人には処方されません。

専門家が判断した地域の住民に限り、甲状腺がん予防のため避難所などで配布されるものです。

ヨウ素剤の服用によってはアレルギーなどの副作用をおこす場合もありますので、必ず医師の指示に基づき服用することが大切とのことです。

|

放射線量について(3/18 7:04時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月18日(金)
7:04時点  約19cpm  (約0.16マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月17日 (木)

放射線量について(3/17 19:34時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月17日(木)
19:34時点  約19cpm  (約0.16マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量について(3/17 12:04時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月17日(木)
12:04時点  約19cpm  (約0.16マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

頑張れ、自衛隊

先程、9:48頃、福島第一原発の3号機、4号機に自衛隊による水の放水が始まりました。

なんとか、成功して欲しい!

頑張れ、自衛隊‼

|

円相場、一時76円台

円相場が急騰しています。

17日のシドニー外為市場では、一時同76円25銭まで急騰、1995年4月につけた戦後最高値(79円75銭)を突破し約16年ぶりに最高値を更新しました。

報道によれば、東日本大震災と原発事故により、日本企業が外貨建て資産を売るのではないかとの見方から、投機筋を巻き込み円買いが進んだとのことです。

1995年に付けた最高値が、阪神・淡路大震災の約3カ月後だったことも市場の円買い連想につながったとみられるようです。

現在は、政府・日銀による為替介入への警戒感が強まっていますが、もう一段、円高が進むのではないかとみる専門家もいるようです。

この非常時に、この急激な円高。

日本は、震災、原発、不景気、円高と四重苦に見舞われてしまいます。

なんとしてでも乗り切らなければ・・・。

|

放射線量について(3/17 7:53時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

3月17日(木)
7:53時点  約19cpm  (約0.16マイクロシーベルト)

(参考)
2010年12月  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

2011年3月16日 (水)

放射線量について(3/16 18:44時点)

東京都の多摩地域の南部に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の数値です。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタとのことです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

18:44時点  約19cpm  (約0.16マイクロシーベルト)

(参考)
昨年同時期  約15cpm  (約0.125マイクロシーベルト)
 

あくまでも、個人的な興味のために設置されているものを当ブログでも紹介させていただいておりますので、観測データの 精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

|

放射線量が気になります

福島の原子力発電からの放射能漏れはどうなるのでしょうか?
私も関東圏在住なので落ち着きません。

周りの人はいたって冷静のようで、普段どおり会社に出勤しています。

自分だけ?

と思ってしまいますが、きっと皆さんも気が気でない筈です。

ネットで検索しましたら、東京都のほぼ中央(多摩地域の南部)に位置する場所で

「ガイガーカウンタ」

を個人的な興味のために設置されている方がいまして、そのサイトの放射線量の数値では、本日16時33分現在で20cpm(カウント・パー・ミニッツ count per minute)程度になっていました。

この数値は、昨年の同時期よりも5cpm程度の上昇値のようです。

「cpm」は、放射線測定器で1分間にどれだけ放射線が検出されたかを示しています。

正確な比較は難しく議論があるようですが、120cpmが約1マイクロシーベルト(Sv)/hrといわれていますで、20cpmは約0.17マイクロSv/hとなります。

放射線量の目安です。(1ミリSv=1000マイクロSv)

0.01ミリSv   原発周辺の線量目標値(年間)
0.05ミリSv   胸のX線集団検診(1回)
0.2ミリSv   東京-ニューヨークを航空機で往復
0.6ミリSv   胃のX線集団検診(1回)
1.0ミリSv   一般人の年間線量限度(人工放射線)
2.4ミリSv   1人当たりの自然放射線(年間、世界平均)
6.9ミリSv   CTスキャン(1回)
10ミリSv    ブラジル・ガラパリ市街での年間放射線量(地質が原因)
100ミリSv   これより少ない線量では健康被害なし
500ミリSv   血中のリンパ球減少
1000ミリSv  悪心・嘔吐
4000ミリSv  約半数死亡   
7000〜10000ミリSv  全員死亡

怖いですね。

また、厄介なのは放射性物資は、必ずしも距離に比例して少なくなるわけではないということです。

実際、チェルノブイリ原発の爆発火災事故では、200km〜300kmはなれたところでも、ところによっては放射性物質が降り注いだとのことです。

チェルノブイリでは、ヘリコプターで約5000tの鉛や粘土などを投下して放射性物質の放出をとめた(?)ようですが、福島もそこまでしないとイケないのでしょうか?

もうこれ以上、放射線が拡散しないことを祈るばかりです。

今回は対応が遅かったでは済まされません。

何十、何百万人もの命がかかっています。

政府、東電には、とにかく早め早めの対応をお願いしたいと思います。

放射線の数値については、今後もできる限りアップしていきたいと思います。

|

税金にまつわる話-クジラ税-

昨日ご紹介した「所得税のはじまり」を調べていたら、江戸時代の面白い税金をみつけました。

それは

「クジラ税」

です。

江戸時代は、クジラを一頭獲るだけで4,000両という莫大なお金が手に入りました。

そのため九州の西海岸は、瀬戸内あたりからの出稼ぎのクジラ獲りで大変にぎわっていたそうです。

ここに目をつけた平戸藩では文政年間、クジラ税を課していました。

税額は、クジラ1頭の捕獲で100両でしたから、税率に直すと100両/4000両で2.5%ということになるでしょうか。

また、「地方大概集」という文献には、次のような記述があります。

「突鯨20分の1、寄鯨3分の1、流鯨10分の1、切鯨20分の1」

これは、捕鯨の困難度合いによって税金の負担割合が異なることを意味しているようです。

つまり、モリで突いて仕留める突鯨は、危険度が非常に高いので負担率は5%と低く、漂着した鯨を仕留めるだけの寄鯨は楽な分だけ33.3%と税率を高くしてあります。

同じ捕鯨による所得でも、危険の大小の基準によって税の負担を変えている、つまり

度胸でかわる

税制なのです。

面白いですね。

|

2011年3月15日 (火)

税金にまつわる話-所得税制度のはじまり-

本日、3月15日は所得税、贈与税の確定申告及び納税の期限です。

そこで今回は、所得税について解説を・・・

と思いましたが、税法は

「一読難解、二読混迷、三読誤解」

といわれるように、最も難しい法律の一つですので、私に解説できるはずありません(笑)。

そこで、今回は所得税の歴史について調べてみました(これなら何とか・・・^_^;)。

世界で初めて所得税制度が設けられたのは18世紀末のイギリスといわれています。

当時の宰相ピットが全く新しい税制として採用したもので、ナポレオン戦争で膨張した経費を賄うために考案されたものです。

その頃のイギリスの租税は関税、消費税、査定税など支出に対する課税が中心だったため「国民の習慣と考え方に背反する」所得税が採用されたことは非常に画期的なことだったようです。

具体的には、1799年に個人の総所得に10%の比例税率を課す世界で初めての所得税法を制定しました。

しかし、この法律では個人の総所得を申告する義務を課したため、個人の秘密を侵害するという非難が集中し、1802年には廃止されてしまいました。

翌1803年に、フランスとの戦争の再開に伴い、アンディグトン首相は新しい所得税法制定しましたが、この新税も戦争の終結を機に1815年に廃止されました。

その後しばらくイギリスでは所得税の空白時代がありましたが、財政逼迫打開のため、1842年に3年限りの臨時税として所得税の復活を断行しました。

これは、戦争と関りなく導入されているという点で、非常に重要な意味を持っている所得税でした。

それ以降はこの臨時税が継続され、1854年にグラッドストーン蔵相が所得税を恒久化するに至り、今日のイギリスの所得税の基礎が確立されたとのことです。

一方、日本はというと、1887年(明治20年)に所得税が創設されました。

日本の所得税の創設はイギリス、スイス(1840年)、イタリア(1864年)についで4番目とのことです。

実際はアメリカで1862年には所得税を創設しましたが、人頭税を禁ずる当時の憲法に反するということで翌年廃止され、実際に採用されるのは第一次世界大戦中だったとのことです。

日本の所得税創設の理由は、清国との戦争に備えて軍艦を建造する費用捻出や、北海道物産税を政府公約によって軽減するための財源確保が直接の理由でしたが、課税の公平実現のためでもありました。

当時の日本の税金は、地租と酒造税とが大部分を占めていました。

地租は主として農民が負担し、酒造税は一般大衆が負担する税金です。

所得税には、富の再分配と課税の公平を実現する近代的税制といわれます。

その所得税を導入することによって、農民と商工業者、低所得者と富裕層との間の不公平を緩和させようとしたのです。

所得税をいち早く創設した日本は、当時の経済状態からすれば税金先進国といえるのかもしれませんね。

|

2011年3月14日 (月)

マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その11)-

それでは、理事会の場合について考えてみます。

マンション管理組合の理事や監事等の役員は、集会(総会)において選出されます。

この集会決議に対して被選任者が就任を承諾することにより、委任契約が成立します。

理事が他の理事(理事長も含む)に委任するということは、自分の権限の範囲内の行為を行わせるために、さらに代理人を選任し「本人」を代理することになります。

ここで注意が必要なのは、「本人」とは代理を依頼した理事のことではなく、理事を選出した管理組合(区分所有者)ということです。

この構成は、民法上の復代理にあたります。

つまり、

管理組合[本人]―(代理)→理事―(復代理)→他の理事

という関係です。

復代理を選任する権限を復任権といいますが、マンション管理組合の理事のような任意代理の場合は、 原則として任意代理人には復任権はありません。

しかし、本人(管理組合)の許諾を得たときか、やむを得ない事情があるときに限り復代理人を選任できるとしています(民法第104条)。

管理組合の許諾を得るということは、管理規約に定めがないといけないということですから、規約に復代理を認める旨の規定が無ければ、原則理事が他の理事の代理人になることは認められないことになります。

では、規約を改正すれば良いかといえば、話はそう簡単ではありません。

極論ですが、復代理を認めた場合、他の理事が全て理事長に委任した場合は、理事長一人で何でもできてしまうことになります。

このような状況は好ましいとはいえません。

逆に、危険とさえ言えます。

また、私のマンションは団地型マンションですが、各理事は、各棟の代表として選出されているという側面もあります。

復代理を認めてしまうということは、他の棟の理事に託す訳ですから、棟独自の事情が考慮されず議事が進んでしまう可能性もあります。

このようなデメリットと理事会の流会というリスクを比較検討した結果、理事長や他の理事へ委任する復代理は認めないという結論になりました。

議決権行使書の導入については、導入の良し悪しの議論よりも、物理的制約で導入を見送りました。

どういうことかというと、理事会は月1回を定例日としていましたが、その理事会までに、議決権行使を判断できるような議案の要領ができないのです。

私のマンションでは、理事会開催通知を、開催日の2週間前までに発出することになっています。

その間までに、各担当ごとに打ち合わせをし、理事長、副理事長の了解を得、議決権行使の判断ができるレベルの資料作成をすることは、あまりに負担が大きく困難だったのです。

また、集会(総会)は、あらかじめ通知した事項についてのみ決議をすることができますが、理事会の場合は理事会当日までに起こった様々な案件に対して臨機応変に対応しなければなりません。

つまり、議案の要領を作成できたもののみ決議していたのでは対応が遅くなり問題となることがあるのです。

以上のことから、議決権行使書の導入も見送りました。

理事に選出され方は、区分所有者全員の財産を管理していくという自覚と責任感を持ち、積極的に理事会に参加してもらいたいのですが、なかなか現実は厳しいです。

私のマンションでは、復代理と議決権行使書の導入は見送りましたが、出席率向上のためいくつかの対策を講じました。

例えば、役員報酬制度の導入、出席率を含めた理事会活動状況の総会報告、長期欠席者への役員報酬減額制度、役員選出方法の工夫などいくつかの対策を複合的に実施しました。

その結果、かなり流会が減っていると思います。

機会がありましたらこのブログで紹介したいと思います。

|

2011年3月12日 (土)

福島第一原発爆発!

被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

さて、本日午後3時半ごろ、福島第1原子力発電所1号機周辺でドーンという「爆発音」がして、白煙が確認されました。

なんと、1号機現炉が格納さえている建物の外壁がなくなっています。

そのことは枝野官房長官も記者会見を開き爆発を認めています。

さらに、大変なことに発電所の敷地境界で1時間当たり1015マイクロシーベルトもの放射線を確認したとのことです。

この放射線量は、

一般人が1年間で浴びられる放射線量限度(1000マイクロシーベルト)を1時間で浴びる量

に相当するとのことです。

これはとんでもないことになってきました。

経済産業省原子力安全・保安院は同日午後、1号機の燃料集合体の一部が高熱で溶ける炉心溶融の可能性を指摘していましたので、炉心溶融による爆発の可能性もあるのではないでしょうか。

NHKで何度も注意喚起していたことを引用します。

「国などが避難指示で示している施設から半径10キロよりも遠い場所に避難することが大切です。

10キロよりも遠くに避難したとしても、状況がはっきりするまでは、できるだけ、建物の中にとどまり、外に出ないことが重要です。

(今、20kmに変更になりました。)

原子力発電所から放出される放射性物質は、ヨウ素や希ガスといった気体のような状態で出るため、これらの物質から出る放射線からの被ばくを防ぐ必要があります。

そのため、

○室内にいる場合はドアや窓を閉めたうえで、換気扇やエアコンなどを止めること、

○一方、屋外にいたり避難で移動したりする場合はマスクをしたり、タオルやハンカチを水でぬらして口や鼻を覆うと放射性物質の吸い込みを防ぐ効果があります。

○服装は皮膚の露出をできるだけ抑えることが大切です。

○呼吸や食べ物によって体内に放射性物質を取り込む「内部被ばく」も防がなければなりません。「内部被ばく」では、体内に放射性物質が蓄積されると、長期間にわたって放射線の影響を受けることになります。

○屋外から自宅へ戻った場合は、衣服を着替えたうえで顔や手を洗うことが必要です。

○水道の水や井戸水、それに屋外にある野菜などの食べ物は、自治体の調査や指示があるまで念のため食べないよう気をつけることも必要です。」

個人的にいろいろ検索してみて、以下のようなことも有効かと思います。

○高性能フィルター防塵マスクや鳥インフルエンザ用のN95マスク、ゴーグル、化学防護服セットの着用。

○汚染地域で屋外にて着た服は使い捨てにして、ビニールに密封し廃棄する。

○脱いだ後はシャワーで体を洗浄する。

○換気扇を止めるだけでなく、すき間をビニールで埋める。

○食べ物、飲み物は事前に密封されたものを食べる。

○建物の中にこもる(1週間程度)ことで放射性のチリから人体を守る。

○傷口からも放射能が入るのでバンドエードやテープでふさぐ。

○事前に乾燥昆布40蔵グラムを食べヨード剤の代用にしておく。

○雨が降ったら絶対に触れない。事件後、少なくとも10日間は雨には絶対に触れない。

○水をペットボトル等で大量に確保しておく。そして、米と麺類も。

付近の皆さんは、とにかく被爆を極力少なくするよう行動してください。

|

2011年3月11日 (金)

マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その10)-

代理権を証する書面を理事長に提出することで、配偶者等その組合員と同居する者が理事会に代理出席できるよう管理規約の改正を行いました。

これで理事会が”流会”となるリスクがかなり減ると思っていました。

が、実際、蓋を開けてみると

「あれ、いない・・・。またしても流会か ┐(´д`)┌ヤレヤレ」

そうなんです。

結局、理事本人が出席できない時は家族と一緒に出かけていることが多く、配偶者や同居する者も出席できない場合が多いのです。

規約改正前よりはいくぶん流会は減りましたが、それでも早期に検討しなければならない重要な議題があるときには本当に困ってしまいます。

そこで、このようなことに対応できないか、特に考えられる次の2点について検討してみました。

1.理事長や他の理事への委任

2.議決権行使書の導入

管理組合総会の場合はどのような取り扱いになっているのか見てみると、区分所有法第39条第2項に、

「議決権は、書面で、又は代理人によって行使することができる。」

と定められています。

集会(総会)は管理組合の最高かつ唯一の意思決定機関です。

区分所有者が、その意思を管理組合の運営や建物の管理・使用に反映させるためには、集会(総会)において自己の意思を表明することが唯一の手段となります。

そのため区分所有法では招集手続きを厳格に定めて、区分所有者が集会(総会)に参加する機会を保障していますが、実際の日時は個々の区分所有者の予定を聞かずに招集権者が決定しますので、都合により参加できない場合があります。

この場合に、区分所有者自らは出席できなくともその意思が代わりの者等により表明されれば、区分所有者の集会参加権は一応保護されることになりますし、定数が必要な集会の議決が個人の都合でできないというような不都合も回避できることになります。

このような理由により、2項では区分所有者が都合が悪く出席できないときは、書面(書面投票)又は代理人により議決権を行使することが認められているわけです。

一方、標準管理規約(単棟型)をみてみると、第46条第5項において

「組合員が代理人により議決権を行使しようとする場合において、その代理人は、その組合員と同居する者若しくはその組合員の住戸を借り受けた者、又は他の組合員若しくはその組合員と同居する者でなければならない。」

としており、代理権を受任できる者を、当該マンションで生活している者に限定しています。

その趣旨は、

「総会の議題の経緯や現状はそこに住んでいる人でないわからない。」

という考え方からきているものと思われます。

長文になってきましたので、続きは次回に・・・。

|

2011年3月10日 (木)

マンション管理組合の監事には議決権ある?

監事が理事会に参加した場合、監事は審議事項の賛否に加わる事はできるのでしょうか?

標準管理規約41条3項には

「監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。」

とされています。

この

「意見を述べることができる」

とは、

「(参考)意見として発言すること」

はできても、

「審議事項の賛否に加わることはできない」

という意味です。

監事は、理事会を構成する者ではないので、理事会での決議には参加できません。

例えば、理事4名(理事長1名、副理事長1名、理事2名)、監事1名の管理組合の場合で理事長から、

「この議案に賛成の方は挙手をお願いします」

と賛否を問われた場合、理事長、副理事長と監事の計3名が挙手をし、その他の理事2名が手を上げなかったします。

その場合に

「3対2の過半数で承認します」

というのは間違いです。

監事は意見陳述権のみで議決権がないので、理事の議決権は

「2対2」=50%なので過半数の要件を満たしていません。

よって、

「2対2で過半数に満たないため否決とします」

が正解となります。

今までの話は「理事会」における監事の議決権の話です。

管理組合総会における議決権は、監事であっても区分所有者には変わりありませんので、他の区分所有者同様議決権があります。

お間違えなく。

|

2011年3月 9日 (水)

税金にまつわる話-ペットの医療費-

ペットブームの昨今、ペットはまさに家族の一員という方も多いことと思います。

生類憐みの令で有名な5代将軍、徳川綱吉の時代には、

「犬金上納」

といって、農民から高百石につき1石、町民から間口1間につき金3分の特別税が徴収されていました。

その特別税で得られた税収で、野犬を収容する施設を作りました。

飼料も白米、味噌、干鰯と立派なものを与えていたようです。

この犬を養うのに1年間で約10万両もかかったといわれています。

当時幕府に入ってくる税金は年間で約80万両でしたから、10万両の経費というのは大金ですよね。

犬にまつわる税としては、昭和30年頃に、全国の約2700自治体が、「犬税」を徴収していました。

聞きなれない税金ですが、法律によらずに市町村が自治大臣(現総務大臣)の許可を受けて設けることができる「法定外普通税」の一つです。

この「犬税」は昭和57年、長野県の四賀村を最後になくなりました。

ちなみに長野県四賀村では、4月1日現在で生後3ヶ月以上の犬を飼っている場合に1頭につき年300円の税金をかけていたそうです。

さて、本題ですが、家族の一員であるペットが病気になった時にかかる医療費は高額ですよね。

健康保険が利きませんから当然といえば当然ですが、一回の診察に1万円以上なんてこともざらで、手術ともなると数十万円の費用を覚悟しなければなりません。

負担が大きいため、ペットにかかった医療費も医療費控除の対象にならないものかと考えてしまうのも人間の心理でしょう。

しかし税法では、

「居住者が、各年において、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る医療費を支払つた場合において・・・(略)・・・」

となっています。

親族とは、民法でいう6親等内の血族および3親等内の姻族です。

ですので、ペットは

「その他の親族」

ではないので対象にはなりません。

一方、気になるニュースを発見しました。

米国ミシガン州のマコッター下院議員(共和党)が、ペットが適切な医療を受けられるように、飼い主に年最大3500ドル(約33万円)の医療費の所得控除を認める法案を提案したというニュースです。

「人間とペットが長期間にわたり、共生できるようにする」という意味の法案の頭文字をとり、通称「HAPPY法案」と呼ばれているようです。

控除の対象になるのは、米国内で合法的に飼育されているペットが動物病院で受ける病気やけがの治療などの費用です。

この提案は、2009年ということなのでオバマ政権になってからということになります。

近年アニマル・セラピーにも注目が集っていますので、人間の病気の治療にも効果が期待できるといわれていることから、飼い主の病気の治療のために飼いはじめたペットについては、そのペットの医療費控除について検討するのも面白いかもしれませんね。

|

2011年3月 8日 (火)

ホンダ、シビックHVをリコール 全世界で52,000台

米運輸省が3月7日に発表したもです。

ホンダは、変圧器に不具合があるとして2006〜07年型の主力車種「シビック」のハイブリッド車についてリコールを届け出ました。

対象車は米国や日本など全世界で約52,000台にのぼるとのこと。

日本では約8600台を対象に国土交通省にリコールを届け出ています。

ホンダと米道路交通安全局(NHTSA)によれば、ハイブリッドシステム用の大型バッテリーから、電子機器を作動させるための別のバッテリーに電力を供給する際、途中に備えられている変圧器に不具合があり、高電圧のまま送電されてしまうとのことです。

その結果、ヒューズが切れてヘッドライトがつかなかったり、エンストを起こしたりして、事故につながる可能性があるようです。

今のところ、この不具合による事故などの報告はないようです。

|

税金にまつわる話-名誉税-

今まさに確定申告真っ只中ですね。

私も年間10万円以上の医療費を支払ったため、今年は確定申告しようと思っています。

今回は流行(?)の「e-tax」で申告しようと、市役所で電子証明書を取得し、ICカードリーダーも購入しましたが、国税庁のホームページを参照しているうちに難しく、目も疲れてきたので、しばし放置状態です・・・(笑)

さて、今回は税にまつわる話として「名誉税」という税のお話を紹介したいと思います。

サラリーマンの皆さんに最も身近な税といえば「所得税」ですよね。

年末調整のときに税金が戻ってくれば得をした気分になりますし、逆に、税金が多く引かれれば損をした気分になります。

実際は1年間の所得税のトータルでのことですので損得はないのですが、人間はやっぱり目先のことで判断してしまう生き物なんですよね~。

所得税は明治20年(1879年)に創設されました。

創設の背景には、財政需要の増大への対応のほか、当時の税制が地租と酒税の納税者に税負担が偏っていたという業種間の不公平を是正することにありました。

しかし、この所得税の免税点が300円と当時としてはかなり高額であったため、納税者数が少なく、納税者が全くいない村もあるほどでした。

そのため、所得税を納めることは名誉という考え方があり、所得税の別名として「名誉税」とも呼ばれていたとのことです。

それでもやっぱり、税金は少ないほうがいいですよねcoldsweats01

|

2011年3月 7日 (月)

東京モーターショー BMWなど海外20社前後出展へ

2月14日付のこのブログでも、12月に開催予定の東京モーターショーについて紹介させていただきました。

前回は、東京モーターショーを盛り上げることによって若者の車離れを食い止められるのではないか、そのたにも海外企業の出展に大いに期待したいという個人的感想を書きました。

今回はうれしい追加の出展情報がありましたので紹介させていただきます。

3月2日現在の状況では、独BMWや韓国の現代自動車など20社前後の海外メーカーが出展することが見込まれているようです。

前回の2009年の東京モーターショーでは、リーマン・ショックの金融危機の影響で海外メーカーが軒並み出展を取りやめたため、たったの3社の出展にとどまっていました。

今回は世界的に自動車需要が拡大し、各社の業績改善が進んだこともあって海外からの出展社数が再び拡大したようです。

これは非常に喜ばしいことです。

すでに出展を決めたのはBMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)、ポルシェ、アウディ(以上ドイツ)、仏ルノー、スウェーデンのサーブ、現代自動車の8社です。

さらにスポーツ車メーカーの独アルピナ、英ロータスも出展する見通しとのこと。

英ジャガー・ランドローバーと、商用車のボルボ・トラックも出展に向けて最終調整に入っているという情報もあります。

一方、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード、クライスラーの米ビッグスリーは今回も出展を見送る方針とのことで、アメ車ファンにとっては残念な結果です。

出展企業の正式発表は4月とのことですので、その間にうれしい”どんでん返し”があることを期待して待っていましょう。

|

2011年3月 4日 (金)

ホンダが総合首位

2月28日に、米消費者専門誌「コンシューマー・リポート」による自動車メーカーランキングが発表されました。

これは、同誌が各社の信頼性、品質の観点から270種以上の走行テストを独自で実施し、各メーカーを100点満点で採点したものです。

調査対象社は13社。

それによると、ホンダが1位(74点)、富士重工業が2位(73点)、トヨタが3位(71点)です。

ホンダは5年連続首位だそうで、ホンダの小型車「フィット」が最も価値の高い新車との評価を受けています。

ベスト10には日本勢5社がランクインしており、日本車の品質の高さがあらためて証明された結果となっています。

米国メーカーでは、フォードが5位(67点)、ゼネラルモーターが12位(56点)、クライスラーは13位(最下位 43点)との評価でした。

ベスト10は以下のとおりです。

1位 ホンダ
2位 富士重工業
3位 トヨタ自動車
4位 ボルボ
5位 フォード・モーター
6位 現代自動車
7位 マツダ
7位 日産自動車
9位 フォルクスワーゲン
10位 ダイムラー
10位 BMW

部門別ランキングは以下のとおりです。

小型車 エントラ(現代自動車)
低予算車 フィット(ホンダ)
家庭向けセダン アルティマ(日産自動車)
小型SUV RAV4(トヨタ自動車)
エコカー プリウス(トヨタ自動車)
家庭向けSUV ソレント(起亜自動車)
スポーツカー マスタング(フォード)
スポーツセダン インフィニティG37(日産自動車)
ミニバン シエナ(トヨタ自動車)
ピックアップトラック アバランチ(シボレー(GM))

|

2011年3月 3日 (木)

ひな祭りに関する豆知識

今日は、雛祭りに関する豆知識を紹介します。

clipなぜ「桃の節句」というの?

3月3日は桃の季節だから・・・。

それもありますが、それだけではありません。

昔から桃には邪気を祓う力があるとされ、様々な神事にとりいれられていたそうです。

邪気の象徴は「鬼」です。

その「鬼」を退治する力も桃にはあると考えられていました。

何か思い出しませんか?

そうです、鬼を退治するといえば「桃太郎」ですね。

この民話は、この思想がベースになっています(←結構使える豆知識だと思いませんか?)。

また、桃は「不老長寿」を与える植物とされており、百歳(ももとせ)まで長生きできるよう、桃花酒を飲む風習もありました。

clip雛人形はいつから飾るの?

地域や家庭で異なりますが、一般的には節分、立春を過ぎた対案、友引に飾る方が多いようです。

また、「雨水の日」(2月19日または20日)もお雛様を飾るのにふさわしいとされています。

お雛様は子どもを厄からまもってくれる神のようなものであり、節句の前日に慌てて出すとことは「一夜飾り」といって、縁起が悪いとされてきました。

なぜ、「一夜飾り」は縁起が悪いのでしょう?

それは、

「神を迎えるものを一夜で飾ると誠意に欠ける」
「葬儀の準備を連想させる」

ということから嫌われてきたのです。

clip雛人形の登場人物は誰?

お内裏様とお雛様はそれぞれ天皇、皇后をあらわします。

関東では男雛は右(向かって左)、女雛は左(向かって右)に飾っていますが、関西では古式にならって男雛が左(向かって右)、女雛が右(向かって左)と逆になっています。

三人官女は宮中に仕える女官で、お殿様やお姫様のお世話をする侍女です。

中央に座っている方が女官長でしつけ役らしいです・・・。厳しそう(笑)

五人囃子は能のお囃子を奏でる五人の楽人(男の子)です。

これで才を認められれば元服後も良いポストにつけるとか・・・。

隋臣(ずいしん)は右大臣・左大臣と呼ばれることが多いですが、実際は武官の衛仕。

殿の身近にいるので、殿の恋する姫君に恋文を届けたりと、キューピット役なんかも頼まれていたらしい。

その下の三人仕丁は御所内の清掃係で、泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸、人間の喜怒哀楽をあらわしています。

どうでしたでしょうか?

なかなか面白いですよね。

|

2011年3月 2日 (水)

ひな祭りの由来、知っていますか?

3月3日は雛祭り(桃の節句)です。

女の子の健やかな成長を祈る節句です。

節句とは、以前節分についての紹介した際にも触れましたが、起源は古代中国といわれ、陰陽五行からきているといわれています。

江戸時代では年に5日が公式に法制化された式日で、以下のとおり人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、七夕(しちせき、たなばた)、重陽(ちょうよう)の5日を五節句と呼びます。

人日=1月7日「七草の節句」
上巳=3月3日「桃の節句」
端午=5月5日「端午の節句」
七夕=7月7日「七夕祭り」
重陽=9月9日「菊の節句」

昔から季節や物事の節目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この節句という行事が、貴族の間で身の穢れを祓う大切なものだったようです。

話を雛祭りに戻します。

雛祭りのルーツは、先に紹介したとおり、「上巳節」です。

これは、古代中国が起源とされています。

「上巳」とは、3月上旬の巳の日という意味で、後に日付が変動しないように3月3日になりました。

昔は、川でみそぎをして穢れを祓う行事や、杯を水に流して宴を催す曲水の宴などが行われていました。

このときはまだ、季節の節目の邪気祓い行事として老若男女を問わず皆の幸福を願う行事だったのですね。

そしてこの行事を、遣唐使が日本に伝えた・・・といわれています。

日本でも、古来からみそぎやお祓いの思想、身代わり信仰などがありました。

それが上巳節と結びつき、日本独自の文化として定着していったようです。

その一つが「流し雛」です。

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持ていかれないよう、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。

これが、自分の災厄を引き受けてくれた人形を川に流す「流し雛」へと発展していったのです。

また、平安時代の宮中や貴族の子女の間で紙の着せ替え人形で遊ぶ「雛遊び(ひいな遊び)」が盛んに行われるようになりました。

この遊びが上巳節と結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が生まれました。

その後、人形作りの技術の進歩により、雛人形を流すものから飾るものへ変化し、宮中で盛大にお祝いをするようになったといいます。

江戸幕府が五節句を制定し3月3日を「桃の節句」と定めると、女の子の節句として定着していきました。

すると、娘の厄を受ける雛人形は、その家の財力の象徴として華やかさを増してゆき、豪華な雛人形を飾るようになります。

自慢の雛人形を見せ合う「雛合わせ」やご馳走をもって親戚を訪ねる「雛の使い」が流行し、美しい雛人形を持って雛祭りをすることが民衆の憧れとなりました。

やがて、町民が豊になると雛祭りは町をあげての楽しい行事となり親しまれるようになったのです。

明日は、雛祭りに関してのちょっとした豆知識を調べて紹介したいと思います。

お子様からの急な質問に対してもあわてることなく対応できるように・・・(笑)

|

2011年3月 1日 (火)

室内犬を飼われている方、ダニ対策大丈夫ですか?

室内に犬や猫などのペットを飼っている方は、一度ならずとも考えた事があるのではないでしょうか?

「ダニ」対策について。

ダニは、人間はもとよりペットを噛んで痒みやアレルギーを引き起こす原因となります。

我が家には2匹のイタグレがいて、うち1匹はアレルギー体質なので特に気を使っています。

毎日、掃除機で隅々まで掃除したとしてもダニの撲滅はできません。

ただ、時間と労力を浪費するだけです。

また、ダニの繁殖力はすさまじく、たった3ヶ月で500倍にもなるそうです。

主に、人間やペットに被害を与えるダニは2種類いるそうで、それは「チリダニ」と「ツメダニ」です。

「チリダニ」は家屋内のダニの中で70%以上と最も多く生息しているダニです。

気温20℃以上(20~30℃) 、湿度60%~80%と高温多湿を好み、特に7~9月にかけて増殖が盛んとなります。

人や動物の垢、フケなどの動物性タンパク質を食べますが、人の血を吸うわけではないので、一般家庭ではたくさんいたとしてもその存在に気づきにくいダニです。

ここ最近、高気密・高断熱住宅が増え、チリダニにとっては繁殖に好都合な環境になっていますので、1年中活動しています。

チリダニが問題となるのはダニの体だけでなく卵、脱皮後の抜け殻、糞などすべてがアレルギーの原因となることです。

「ツメダニ」は、チリダニをエサにして生息しているダニで、人を刺すダニです。

高温多湿となる夏場に活発になり異常発生する時期になります。

ツメダニに刺されるとかゆみが強く、皮膚炎を起こすこともあります。

血液は吸いませんが体液を吸い、刺されると赤いブツブツ(丘疹)がかゆみとともに発生し、1週間ほど持続します。

そのようなダニを駆除するため私が愛用しているのが

ニッケンの

「ダニ捕りROBO」

です。

「ダニ捕りROBO」を導入しようと思ったのは、

殺虫成分不使用、

マット内でミイラ化するのでアレルゲンフリー、

置くだけで手間いらず(効果は3カ月)

といったところが気に入ったから。

食物フレーバーや吸湿性セラミックなどダニが好む天然の誘引剤を使用して誘い、吸湿性のセラミックがダニの口や呼吸口、体表に付着し脱水症状を起こさせ、ダニをミイラ化します。

ミイラ化したダニは再び空中に飛び散ることはありません。

複数の防ダニ試験認定検査機関により科学的に証明されている高い殺ダニ率と、国内外の著名な検査機関によって立証された高い安全性を誇っています。

使用感ですが、効果が出ているのか、イタグレの体を掻く仕草が減ってきているような気がします。

部屋中を毎日掃除機をかけることも大事だと思いますが、「ダニ捕りROBO」を使用している安心感が出て、気分的には楽になっています。

ダニ対策をお考えになっている方は繁殖期を迎える前など早めの対応をお勧めします。

私は、このブログにもバナーを張っている「GREEN DOG」さんから購入しています。

「GREEN DOG」さんのホームページにも詳しい解説が出ていますので、そちらもご覧下さい。

気になる方は、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

※屋内ダニ専用ですから屋外ダニや人に寄生するヒゼンダニには効果がありませんのでご注意下さい。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »