« 放射線量について(3/19 13:14時点) | トップページ | 放射線量について(3/19 19:23時点) »

2011年3月19日 (土)

IAEA 東京都内で健康上の危険はない

国際原子力機関(IAEA)のグラハム・アンドリュー科学技術担当補佐官の発表です。

それによると、東京都内で行った同機関の専門家チームによる放射線量の第1回計測(18日)の結果、「ヨウ素131」や「セシウム137」は検出されなかったようです。

そして、

「東京都内で健康上の危険はない」

との評価を明らかにました。

ひとまず安心です。

さらにIAEAによると、秘密核実験を監視する包括的核実験禁止条約機関準備委員会が測定した放射線レベルも、IAEAの評価を裏付けているとのことです。

一方、IAEA関係者によれば、CTBTO準備委員会の測定で、米カリフォルニア州南部のサクラメントでも福島第1原発からの放射線が検出されたとのことです。

ただ現状は健康上の危険があるレベルを大幅に下回っているようで、まったく心配することはなくこちらも一安心です。

|

« 放射線量について(3/19 13:14時点) | トップページ | 放射線量について(3/19 19:23時点) »

ニュース」カテゴリの記事