« 海外メディアで報じられた福島原発事故 | トップページ | 放射線量について(3/31 12時過ぎ時点) »

2011年3月31日 (木)

飯舘村でIAEAの避難基準超す放射性物質検出

国際原子力機関(IAEA)は30日にウィーンの本部で会見を開きました。

福島第1原子力発電所の北西約40キロメートルにある福島県飯舘村の土壌から高濃度の放射性物質が検出されました。

この調査はIAEA独自で18〜26日にかけて行った調査とのことです。

IAEA高官は飯舘村での測定値について

「1平方メートルあたり2メガベクレル」で「IAEAの避難基準の約2倍にあたる」

とのことで、IAEAの基準では避難の必要があるレベルとのことです。

ただ、

「放射性物質の飛散は風や雨、地形にも影響され、一様ではない」

とも説明しています。

そしてIAEAは、福島県飯舘村から住民を避難させる検討をするよう、日本政府に勧告したとのことです(日本政府も直ちに調査を開始したようです)。

※3/31 11:00からの枝野官房長官記者会見において、
「直ちには、避難地域の拡大は考えていない。」
「モニタリングを強化する。」
旨の発言がありました。

日本政府は福島第1原発の半径20キロメートル圏内の住民に避難を指示、20〜30キロメートル圏内の住民には屋内退避を指示するとともに自主避難を促していますが、40キロメートル離れた飯舘村に対しては避難や屋内退避の指示は出ていません。

海外では「日本政府の避難指示地域は狭すぎる」との指摘も出ており、今後地域の拡大などの対応が間違いなく、それも早急に迫られるでしょう。

いや、早急に対応しなければならないのです。

さらに、IAEAは福島第1原子力発電所について、

「再臨界」

の可能性もあるとみて、分析作業を進めていることも明らかにしました。

IAEA原子力安全局担当のデニス・フローリー事務次長は、

「最終判断ではない」

「局所的に起こる可能性があり、放出が増える可能性もある」

と述べてます。

ますます福島原子力発電所から目が離せない状況になってきました。

|

« 海外メディアで報じられた福島原発事故 | トップページ | 放射線量について(3/31 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事