« 東京モーターショー2011 | トップページ | 日本カー・オブ・ザ・イヤー »

2011年2月15日 (火)

高速道路 新料金案固まる

今年4月からの高速道路の新料金案が明らかになりました。

今日は、簡単に概略だけ紹介したいと思います。

新料金体系案では、自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象に普通車で休日1,000円の上限料金は継続され、さらに平日は上限を2,000円となるようです。

また、ETC非搭載車、つまり現金払いは、平日、休日ともに上限2,000円にする方針とのことです。

これは家計にやさしい料金体系で、個人的には大歓迎です。

また、軽自動車と免税対象のエコカー(ETC搭載車)にはさらにメリットが厚く、

毎日上限1,000円

に引き下げるそうです。

新料金は4月1日から適用する方向ですが、エコカー割引については開始時期は未定になっています。

適用期間は3年程度を考えているようですが、本州四国連絡高速は地元との調整が必要なため、当面1年間の適用とのことです。

この新料金体系は2月16日の民主党国土交通部門会議に提示した上で決定する模様です。

○東日本・中日本・西日本
普通車:平日 上限2,000円(現金払い、ETCとも)
     休日 上限1,000円(ETC)、上限2,000円(現金払い)
軽・エコカー:毎日上限1,000円
中型車以上:距離別料金のまま

○アクアライン
普通車:毎日800円の社会実験継続

○首都高・阪神(4月実施は見送り?)
普通車:500〜900円の距離別料金

|

« 東京モーターショー2011 | トップページ | 日本カー・オブ・ザ・イヤー »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事