« Lemnos「Drops draw the existance」 | トップページ | 「FT-86」と次期「レクサスIS」の関係 »

2011年2月 9日 (水)

トヨタ 電子制御に不具合なし!!

昨年のトヨタ自動車の米国における大規模リコール問題を皆さん覚えていることでしょう。

それについて、米運輸省の約10カ月にも及ぶ調査の結果が出たようです。

その調査自体は、高速道路交通安全局(NHTSA)と米航空宇宙局(NASA)が実施しました。

米運輸省の長官の声明では

「最も優秀な技術者らが調査し、電子制御システムに問題はないとの結論に至った」

と述べました。

つまり、電子制御システムに急加速を引き起こすような欠陥は見当たらなかったのです。

その上で、トヨタ車でみられた急加速は、

「すでにリコール済みのフロアマットとアクセルペダルの不具合が要因」

と結論づけています。

つまり、

”電子制御の問題を一貫して否定していたトヨタ側の主張をほぼ全面的に認めた”

ことになります。

電子制御システムを巡っては、同省が米国科学アカデミーとも調査を進めていますのでその結果が出ないと安心できません(調査結果は春以降に出る見通し)。

とはいえ、今回、NASAなどが出した結論は、間違いなくトヨタ車への消費者の信頼回復につながり、今後の訴訟にも一定の影響を与えるでしょう。

しかし、米国でのあの騒ぎは一体ナンだったんだろう?

|

« Lemnos「Drops draw the existance」 | トップページ | 「FT-86」と次期「レクサスIS」の関係 »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事