« マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その5)- | トップページ | マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その6)- »

2011年1月 7日 (金)

七草粥

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」という和歌をご存知の方も多いでしょう。

そうです、今日は1月7日です。

1年間の無病息災を祈って、春の七草を入れた七草粥を食べる日です。

中国の古い文献には、正月7日に7種類の野菜の吸い物を食べて無病息災を願う風習があると記されています。

この風習が平安時代に日本に伝わってきました。

日本では古くから、野草は、万病に効き目があると信じられていたようで、お正月の最初の子(ね)の日には、生命力の強い野草を摘み、それを食べ自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」といわれる風習がありました。

その日本古来の風習と結びついて「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになったそうです。

江戸時代には、将軍が正月7日に七草粥を食べる行事(「人日の節句」)が定着しました。

人日とは、文字通り "人の日"という意味で、中国の前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来します。

やがて庶民の間にも今のように春の七草を食べる習慣が広まったとされています。

春の七草は和歌のとおりですが、その効用を調べてみると次のとおりでした。

せり・・・独特の芳香があり、食欲増進の効果があります。
なずな・・・ぺんぺん草ともいわれます。利尿、止血、解熱などの効果があります。
ごぎょう・・・昔は草餅に入れられていました。風邪予防や解熱に効果があるとされています。
はこべら・・・目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなったそうです。また、江戸時代には歯磨き粉として使われていたそうです。
ほとけのざ・・・食物繊維が豊富です。
すずな・・・蕪(かぶ)のことです。ビタミンが豊富です。
すずしろ・・・大根のことです。身は消化がよく、葉にはビタミンが豊富に含まれます。風邪の予防にもなります。

前日に摘んだ七草を七日の朝に調理しますが、できるだけ大きな音をたてて、まな板をたたいてきざむのがよいとされているそうです。

|

« マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その5)- | トップページ | マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その6)- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事