« 親離れ、子離れに関する面白い調査結果 | トップページ | マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その7)- »

2011年1月18日 (火)

ペットと災害

ペットを飼っている方は、地震などの災害時にペットをどう避難させるか考えていますか?

私のマンションでは、毎年の防災訓練のときに、ペット同伴での避難訓練を実施しています。

しかし、訓練だからできるかもしれませんが、実際参加者に話を聞いてみると、

「緊急時には、人間だけで精一杯。」

「高齢者一人暮らしなので、ペットまでは手が回らないかも・・・」

という意見が多いように思いました。

しかし一方で、

「ペットを見捨てる事はできない。」

という声はほぼ全員からいただきました。

実際、災害が起こった場合の問題は、非難するまでもそうですが、避難してからの避難所生活ではないでしょうか?

不特定多数の人が、不安などの大きなストレスのかかった状態で集団で生活するのでいろいろな問題が発生すると予想されます。

ペットが嫌いな人
鳴き声でのトラブル
アレルギーがある人

など、考えればいろいろ出てきます。

新潟県中越地震の際は、ペットは遠慮してもらうことになった避難所がある一方、ペットがアイドル的存在になり、被災者を癒したケースもあり、対応に差があったといいます。

ペットの飼い主は、少なくとも

・普段からかごの中でおとなしくできるようしつけておく
・引き綱やトイレシーツ、当面のえさが入ったペット用非難袋を用意する

ことが、避難所生活でのトラブルを最小限に抑えるためには必要なのではないでしょうか。

|

« 親離れ、子離れに関する面白い調査結果 | トップページ | マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その7)- »

ペット」カテゴリの記事