トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

防衛省 無人偵察機導入検討

防衛省は、2011年度から無人偵察機の導入に向けた調査研究に乗り出します。

最新鋭の高高度無人偵察機「グローバルホーク(GH)」を活用する米軍に自衛隊幹部らを派遣して、運用や維持・整備の現状などを調べるようです。

無人偵察機は、その言葉どおり要員が乗らない偵察機です。

グローバルホークの場合、旅客機の巡航高度よりはるかに高い上空約1万8000メートルを飛び、高性能センサーやレーダーで最大半径約550キロ・メートルの偵察・監視を行えるとのことで、日本全域の警戒・監視のカバーには3機必要とのことです。

このような装備も確かに重要ですが、そこで何か問題を発見した場合の対応が大切ですよね。

尖閣諸島の漁船衝突事故でもあれだけ右往左往した日本。

1機約25億円の偵察機導入よりもやらなければならないことがあるはずでは?

ハード面より、まずはソフト面では?

皆さんもそう思いませんか?

|

2010年12月29日 (水)

レクサスIS モデルチェンジ情報

先日聞いた話です。

「まだまだ流動的ではありますが・・・」

との前置きがありつつも、ある程度具体的な話が聞けたので紹介します。

レクサスGSのフルモデルチェンジは来年、ISのフルモデルチェンジは再来年の1月くらいだそうです。

今回のGSのモデルチェンジでは、現行のあまり評判が良くなかったスタイルが一新され、2灯のヘッドライトが1灯式に、ISのようなつり目型のデザインになるようです。

ISは、今回のデザインを踏襲し、L-Finesseに基づいたデザインで、今回もかなり頑張っているようです。

全体的なスタイルイメージは

”X”

だそうです。

営業からは

「期待してください!!」

とわくわくするような言葉が出ました。

さらに、今回のISのモデルチェンジでは、ハイブリッド仕様が追加され、さらにはステーションワゴンもデビューするようです。

わんこを飼っている我が家では、ステーションワゴン待望論があったので、期待度が高いです。

でも、Leading-Edge(先鋭)とFinesse(精妙)を取り入れたISのステーションワゴンって、どんなスタイルになるんだろう?

|

2010年12月28日 (火)

我が家のイタグレの紹介

何度かこのブログに書いていますが、私の家では、イタリアン・グレーハウンド(イタグレ)を飼っています。

2匹とも男の子で、5歳と1歳。

多頭飼いは初めてで、毎日悪戦苦闘・・・

長男は知性的でおとなしく、次男はやんちゃで元気一杯、対照的な二人です。

この犬種は、グレー・ハウンドを小型化して細身にしたもので、身のこなしがとっても優雅で気品があります。

ハイステップで歩く姿と前脚と後脚を揃えて動かし、背中を使って走る姿(ダブルサスペンションギャロップというらしい)は、本当に

かっこいい

です。

体型は、小さい頭と特有のかわいらしいローズイヤー、体型は曲線的ライン、そして長い足が絶妙にバランスが取れていて、更に長細い尾がかっこよさを引き立てています。

毛は短くつややかに輝いており、手入れもさほど大変ではありません。

冬場は乾燥するため、フケが出ますが保湿スプレーをしたり、ラバーブラシなどでマッサージすれば大丈夫です。

しかも、体臭も少なく、ほとんど吠える事もありません。

マンション住まいには本当におすすめです(笑)

今まで一度もクレームをいただいていないどころか、隣家からは

「犬を飼っていたんですね。」

といわれる状態です。

頭もなかなかいいようで、トイレの躾も2匹ともともすんなりできたように思います。

ただ、短毛ゆえ寒さに弱いので冬場の洋服とヒーターは必需品ですね。

この犬種は小型のサイトハウンド(視覚獣猟犬)なので、走り回ったり何かを追いかけたりすることを好むようです。

動く玩具に勢いよく飛び掛っていきます。しかも、黙々としずかに・・・

非常に感受性が強く、穏やかな性格で、家族に対しては忠実で献身的に接します。

購入時には、ペットショップには

「少し臆病な犬種なので見知らぬ人に対しては近づこうとしないと思います。」

と言われましたが、2人とも全然違っていて、お客様大好き。

ドアのチャイムが鳴るだけで我先に玄関まで猛ダッシュします。

とにかく本当に従順で、甘え上手な犬種です。

いろいろとイタグレについて調べてみると、イタリアン・グレーハウンドは「イタリア・ルネッサンスの誇り」と言われる犬種で、16世紀のイタリアを中心とする南ヨーロッパ、トルコで絶大な人気を集め、特にイタリア王室に大切にされていたようです。

当時の著名な画家による王侯貴族の肖像画に頻繁に描かれていることからもわかると思います。

「イタリア・ルネッサンスの誇り」を我が家で飼う子とことになるとは思ってもいませんでしたが、2匹とも

「我が家の大切な家族」

です。

|

2010年12月27日 (月)

マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その4)-

マンション管理組合の監事は、業務監査を行うに当たっては、マンション管理に関し様々な知識を必要とすることは今までお話したなかで何となくお分かりいただけたかと思います。

前回、理事会に出席することの大切さをお話しましたので、ここでは、理事会の運営についてお話したいと思います。

理事会の運営方法については、皆さんのお住まいのマンションン管理規約に定められていると思います。

どのようなことが定めれているかというと、ここでは国土交通省の中高層共同住宅標準管理規約(単棟型)(最終改正16年1月)を例にさせていただきますが、

①理事会の構成員と議長
②召集
③理事会の会議及び議事(定足数と決議方法)
④理事会における決議事項
⑤専門委員会の設置

が定められています。

①は、理事会は理事を持って構成し、その議長は理事長が努めること

②は、理事会の招集権者は理事長であること(例外あり)

③は、理事会の定足数は1/2以上で、議決は出席理事の過半数であること

④は、理事会の決議事項は収支決算案、事業報告案及び事業計画案や規則及び細則の制定、変更等その他であること

上記の業務を見てわかるように、理事会はの業務を簡単に言えば、

「管理組合の業務を行う業務執行機関」

です。

では、「管理組合の業務」って一体なんでしょう?

簡単に言えば、

「敷地および共用部分の維持管理」

ということになるでしょうか。

そのため管理組合は、敷地および共用部分の取扱についてのルール(管理組合規約)を区分所有者の集会(総会)によって決議し、あわせて、管理者(管理組合理事長)および役員を選任することになります。

そして管理者である理事長は管理組合の執行機関として管理組合規約及び集会の決議に基づいて、必要な手だてを講じなければなりません。

区分所有法では、必要な手だてを講じるために民主的な手続きを求めています。

つまり、理事長は理事会を召集し、管理組合の運営状況について担当理事および管理員に報告させ、管理組合の必要な事項を決議し、総会に提案する議案を作成していくのです。

各マンションによって異なるとは思いますが、1カ月に1回程度の割合で理事会を開催しているケースが多いようです。

必要に応じて理事長は臨時理事会を招集することもできます。

特に、総会開催月の1~2ヶ月前などは、総会資料の作成など多忙になるため、月に2~3回開催する場合もあるようです。

私が監事としてどのような観点から理事会活動をチェックしたのかというと・・・

長くなりますので、それは次回に譲ります。

|

2010年12月22日 (水)

私の愛車-レクサスIS250-

私は車が好きです。

好きといっても、車いじりが好きというわけではありません。

好きな車を所有し、そこそこドライブができればいいという程度です(笑)

「好きな車」というのが重要な要素で、車ならば何でもいいというわけではありません。

0-400mのような早い車が好きと言う訳でもなく、峠を攻めるようなドリフトテクニックを磨くようなこともありません。

どちらかというと、

美しいフォルムをまとい、ゆったり走り、いざと言うときに意のままに操れる車がいいなぁ

くらいに思っています。

動力・走行性能で言えば、

-スムーズな加速とコーナーの安定感-

が車選びの基準かな。

なだらかな稜線の山脈、どこまでも続く青い空に白い雲。

そこを突き刺すような緑豊かな木々とそこを駆け抜ける透き通った風。

そのような景色に違和感なく似合う車が、私の求める車です。

このような条件で選んだのが、

1030306_img”LEXUS IS250 VerS”

です。

色は、ブルーイッシュパール・クリスタルシャイン。

光線の加減により、微妙に見える色が変わります。

購入に当たっては、店舗の概観といい、スタッフといい、一般庶民の私にとって敷居の高いレクサス店にいかなくてはなりません。

緊張している私を暖かく出迎えてくれ、スタッフが薦めるままに「LEXUS IS250 VerS」を試乗しました。

何という静粛性、何というフィット感。

ISは室内がやや狭く、186cmある私には窮屈だろうなと思っていたのですが、そんな先入観もすぐに飛び去りました。

1030310_img アクセルを踏み込んだときのリニア感、踏み込んだだけ素直に反応する小気味のいいエンジンがなんともいえません。

足回りもスポーツグレードであるがため、少し路面から突き上げ感があるものの、しっかりとしたボディー剛性のため実に安置したコーナリングが味わえます。

本革で小さめなステアリングもスポーティな感覚を与えてくれます。

実にワクワクする車です。

日本にもこのような車が発売されたとはうれしい限りです。

作りも徹底したプレミアム志向のうようで、開発キーワードは5つの”I.D.E.A.L. ”「アイディアル」。

Impressive(印象的)、Dynamic(動的)、Elegant(優雅)、Advanced(先進)、Lasting(普遍価値)の頭文字をとったものです。

乗ってみたら分かります。

ISには、I.D.E.A.L.が確かにあります。

また、レクサスに要求されるレベルも高いようです。

約500項目に細分化された達成基準があり、それが「レクサス マスツ」と呼ばれるもの。

部品業者が悲鳴を上げるほど、品質の要求水準とその徹底管理はすごいようです。

さらに、レクサスのデザイン哲学、L-Finesse 「エル・フィネス」。

Leading-Edge(先鋭)とFinesse(精妙)を合わせた和製英語のようです。

先端技術と日本的美意識の融和を意識しており、シンプルでありながら深みのあるデザインを目指し、その構成要素は

「純」-Incisive Simplicity 本質を究めたシンプルさ
「妙」-Intriguing Elegance 感性に響く深み
「予」-Seamless Anticipation 時間をデザインする

なんだそうです。

私は過去2台の車に乗っていましたが、このように一目惚れした車はありませんでした。

この一目ぼれした車を思い切って購入して早5年。

美しい景色のなか、家族と多くの思い出を積み上げてきました。

しかも、まだまだ色あせる事のないISの存在感は見事です。

ISを超える車は、未だ私の中では存在しません。

|

2010年12月21日 (火)

マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その3)-

私がマンション管理組合の監事に選任されてまず最初にはじめたのは、管理組合の役員である理事で組織する"理事会"に毎回参加することでした。

監事の業務の一つに「業務監査」があるため、管理組合の運営組織である”理事会”がきちんと機能しているのかチェックする必要があると考えたからです。

そのためには、理事会に出席する事がどうしても必要になり、さらに、理事会の各種活動にも極力参加することが必要になります。

なかには、

「参加しなくても事後チェックでできるんじゃない?」

という意見もあるかと思います。

しかし、事後チェックということは、主に議事録や活動記録からのチェックが中心とならざるをえません。

ということは、その議事録には、ある程度詳細な記載がないとチェックは困難です。

しかし、理事の皆さんも、他に仕事を持って活動しているため、詳細な議事録などを求めるのはなかなか困難なのではないでしょうか?

また、理事会に参加することで、現場の雰囲気や各理事の考え方など生の声が聞けるなど利点もあります。

そこで、私共のマンションでは監事も毎回、理事会に参加することにしたわけです。

参加してみると、

  • 出席されている方はほぼ特定され、そもそも定足数に満たない日もある
  • 出席している人の中でも、積極的に参加している人とただ参加しているだけの人がくっきり分かれる
  • 声の大きい理事の意見に他の理事は引きづられる
  • 居住者からは様々な問題が提起されていているが件数が膨大であり処理しきれていない

など、議事録だけではなかなか見えてこない現場の実態がよく分かります。

また、

「業務の流れ⇒会計の流れ」

となりますので、業務監査は会計監査と密接なつながりを持っているといえますので、理事会の実態を把握しておくことが非常に重要だと思います。

監事の皆さんは大変でしょうが、是非、理事会に参加するようにしてはいかがでしょうか?

|

2010年12月20日 (月)

マックが参入 「宅配サービス」

皆さんはピザや寿司などの宅配サービスを利用されますか?

私は、結構頻繁に利用しています。

特に、ピザやフライドチキン、寿司をはじめ、最近は釜飯弁当やガストの宅配サービスといろいろ利用しています。

そんな私にうれしい知らせが・・・(笑)

宅配サービスの選択肢がまた増えそうなんです。

日本マクドナルドホールディングスがハンバーガーなどの「宅配」に乗り出すとのニュースが目に飛び込んできたのです。

そうです、あの「マック」です。

まずは、2010年12月20日から東京・世田谷の用賀インター店で開始して、半年をかけて、試行店舗を都内10か店程度に拡大する計画とのことです。

なかなか来店できない高齢者や、子育てに忙しい主婦などをターゲットにしているようですが、いやいやどうして、仕事が忙しく外出できない方や私のような出不精もいますから、ニーズはあると思いますよ。

提供するメニューは店舗販売と同じものを提供する予定で、デリバリーチャージについては、

(1)一定以上の価格を注文してもらう
(2)別途、徴収する
(3)単価にデリバリーチャージ分を上乗せする
(4)(1)~(3)の組み合わせ

の方法を試しながら実施していく方針とのことです。

例えば、宅配ピザやケンタッキーフライドチキンの宅配サービスは2000円弱以上を注文しないと配達してくれないですよね。

マックの場合はどうなるんでしょうか?

気になるところです。

|

2010年12月17日 (金)

マンション管理組合-監事の仕事は楽でない(その2)-

前回からの続きです。

監事の業務を管理会社の担当者に聞いてみたり、インターネットで検索してみると、関係ありそうな法令等は非常に多岐にわたっていました。

少なくとも、関係がありそうな法令等は以下のとおりです。

・建物の区分所有等に関する法律
・被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
・マンションの建替えの円滑化等に関する法律
・民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
・不動産登記法
・マンション標準管理規約
・マンション標準管理委託契約書
・建築基準法
・都市計画法
・消防法
・住宅の品質確保の促進等に関する法律
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律
・マンション管理適正化指針
・マンション管理規約(各種細則を含む)
・簿記・会計(公益法人会計、企業会計)  等

こんなにあるなんて、ビックリしますよね。

私自身も、

「これは大変な役割を受けてしまったものだ」

と、引いてしまいました (;´д`)トホホ…

理事会は、これらの法令等に

・準拠して活動しているか
・不正をしていないか

をチェックすることが監事の役目なのです。

私を含め監事3名は、上記法令等に詳しい者はゼロで、さらにマンションに住むことが初めての方のみでした。

職務の性質上、監事は理事とは独立した立場が要請されるため、理事が監事を兼任することはできません。

すなわち、理事の応援も求めることができないのです。

こう聞くと、皆不安になりますよね・・・普通。

しかし、一旦引き受けた以上は、

「男に二言はない!」

と自身に言い聞かせ勉強を始めることにしたのですが。。。

(つづく)

|

2010年12月16日 (木)

子どもに高額請求!! 携帯ゲーム

皆さんは無料の携帯電話のゲームサイトを利用していますか?

利用されている方はご注意下さい。

完全無料だと思って携帯電話のゲームサイトに登録したら、「アイテム」の購入やパケット通信料で高額な請求を受けたといった相談が消費生活センターに増えているようなのです。

どういうことかといえば、ゲームの利用料金は基本的に無料なのですが、ゲームの中で使用するアイテムは有料で、ゲームを楽しむにはそのアイテムを購入しなければならないのです。

特に小中学生は「無料」だと思い込み、さらにゲームが有料のアイテムを買い足さなければ面白くないように設定されているため、次々とアイテムを買い足していき高額請求にびっくりというわけです。

相談事例を見てみると、

「小学生の息子が、2カ月で9万円のパケット料(通信料)を請求された」

「5歳の子供が10万円もの高額アイテムを購入した」

など。

こんな請求書を見たら誰だってびっくりしますよね w(゚o゚)w

高額請求以外でも、

携帯の無料ゲームを使っていた未成年者が出会い系サイトに引き込まれてしまった

という相談も寄せられているそうなのでご注意下さい。

このように、無料をうたう一方で、利用者への高額請求も目立ちはじめているため、社会問題化しつつあるようです。

東京都消費生活総合センターから消費者へのアドバイスが出されているので引用させていただききます。

・広告などで「無料」と表示されているゲームサイトでも、アイテム購入などで有料になる場合があります。利用規約等を十分確認しましょう。

・子供が親の携帯でゲームをした場合でも、子供が使ったと証明して未成年者契約取消をすることは困難です。子供が使えないように携帯をロックするなど管理をしっかりすることが大切です。

・ゲームは無料でも別途パケット通信料がかかります。特に動画をダウンロードする場合は、パケット定額制にしていないと通信料が高額になることがありますので注意しましょう。

・無料ゲームサイトのSNSを通じてメールが届き、有料の出会い系サイトに誘引される場合もあります。安易に利用すると高額な請求につながりますので無視しましょう。

|

2010年12月15日 (水)

マンション管理組合-監事の仕事も楽でない(その1)-

前回までに紹介させていただきましたが、私はマンション管理組合の”監事”を約3年ほど務めました。

当時、インターネットでマンション管理組合の監事の仕事(体験記)について検索しても、理事長や理事の体験記は結構ヒットするのですが、監事となるとほとんどヒットしないのが現状でした。

たまにヒットしても、実務書レベルの記述ばかりです。

私の住んでいるマンションは、約400世帯で監事の定員は3名、理事長、副理事長を含めた理事は総勢20名くらいです。

これだけの人数ですと、理事会の運営だけでも大変です。

そのような中で、手探りの監事業務が始まりました。

まず、監事の役割を整理しておきますと、

・組合の財産の状況および組合の業務の執行状況の監査をし、その結果を総会で報告すること。
・業務執行等に不正があれば臨時総会を招集すること。
・理事会に出席して意見を述べること。

となるでしょうか。

最も大きいウエイトを占めるのが

「組合の財産の状況および組合の業務の執行状況の監査」

となると思います。

財産状況の監査というのは所謂「会計監査」のことで、組合の業務の執行状況の監査は「業務監査」といわれています。

就任前、監事の仕事を管理会社の担当者に聞いたところ、

「監事の理事会への出席は、規約上義務ではありませんし、監査も年一回となっています。理事の方は、毎週何らかの活動があるマンションもあるため、監事の方がプライベートな時間を圧迫するようなことは少ないと思います。」

と言われていました。

確かに管理規約上ではそうなっているし、一般的にはそういえるのでしょう。

しかし、今になって考えてみると、安易に考えすぎたと反省しています。

なぜなら、監査を行うための”知識”が絶対的不足していたためです。

管理会社の担当者のように、マンション管理に関する各種法律や規則等を理解できていたら、他の理事よりはプライベートな時間が取れたのかもしれません。

監事の役割は、理事会が誠実に任務を履行しているかをチェックすることです。

チェックするには、チェックの根拠とチェック対象がなければなりません。

チェックの対象はもちろん”理事会の活動”であり、明確になっています。

チェックの根拠はというと・・・。

わからない。

管理規約を隅々まで読んだ事もなく、当然、区分所有法なんて見たこともない。

会計基準なんて、

「なに、それ?」

状態。。。crying

ここから、苦痛の日々が始まったのです。

(つづく)

|

2010年12月14日 (火)

ペニーオークションって知っていますか?

最近、インターネット上で

「新品の商品が市価の8~9割引きなど、びっくり価格で購入できる。」

などと注目を集めている「ペニーオークション」。

確かに、8~9割引きなら非常に魅力的ですよね。

ただ、このペニーオークションは、ネットなどで調べてみると、出品者は絶対に損をしないシステムになっているようで、いろいろ問題点もあるようです。

今回、何故ペニーオークションを取り上げたかというと、私も何社か参加した経験がありますが、未だ落札したことがないんですbearing

これから、

「やってみようかな。」

と思っている方の参考になればと思い、私の経験談を交えながらお話したいと思います。

まず、そもそもペニーオークションとはどのようなオークションなのか簡単に説明したいと思います。

ペニーオークションとは、オークションの一形式で、開始価格や落札価格は、通常のオークションに比べると低額ですが、入札する度に手数料が必要な形式のインターネット上のオークションです。

もともとは、アメリカのEntertainment Shopping社が始めたショッピングサイトswoopがこの形式の発祥のようです。

日本でも2009年頃から業者が参入しはじめ、2010年以降も増加傾向にあるようです。
実際にペニーオークションの落札済商品を見てみますと、確かに定価の8~9割引で落札されているものが多数です。

この結果を見ると、魅力的で店頭で買っているのが馬鹿らしく思えるくらいです。

でも、ちょっと待ってください。

このオークションでは、入札単位が「1円」「5円」など低く設定され、一回の入札で終了時間も延長されます。

つまり、必然的に入札件数が多くなるわけです。

そして、この1回の入札ごとに50~100円程度の手数料がかかります。

例えば、以下の場合を見てみましょう。

定価50,000円の商品
1回の入札毎に1円価格が上昇
1,000円で落札(98%OFF)
入札手数料は1回75円
話を簡単にするため4名で交互に入札
送料500円

落札者の支払い代金は、

落札代金 1,000円
入札手数料 1,000円÷4人=250回づつ入札 
        250回×75円=18,750円
計  19,750円

となります。

このほか、業者によっては商品の送料が加わってきますが、上記の例では6割引での購入となります。

一方、運営会社側には、手数料が75円の場合であれば1,000円×75円=75,000円が入ってくることになり、赤字どころか大黒字です。

ここで、今問題となっているのが、

”落札者以外の入札者にはこの手数料は返ってこない”

ということ。

先の例で言えば、他の3人は入札手数料の18,750円は帰ってこないわけです。
このため、オークションというよりもギャンブルに近いとの指摘もあります。

それは、熱中するあまり、市場価格以上の手数料を支払ってしまうケースも散見されていることからも娯楽性、ギャンブル性が高いことがわかると思います。

また一部の悪質なサイトでは、運営会社が出品者となり、サクラや運営者自身が大量のアカウントを保持して自動的に入札する「入札bot」を使って入札価格を故意に釣り上げている可能性もあるといわれています。

現在、国民生活センターには、ペニーオークションへの相談件数が増加中とのことですので、これから

「やってみようかな?」

と思っている方は、サイトの利用規約を熟読し、インターネット等で信頼できそうな運営業者選びをしていただきたいと思います。

このペーオークションは、1回の入札で時間延長になることから、かなり時間を浪費します。

参加される方は、寝不足にならぬようお気をつけ下さいね。

ちなみに私は・・・

「撤退」

しますcoldsweats01

|

2010年12月13日 (月)

マンション管理組合って、何?

前回までは、私がマンション管理組合の役員になってしまったことを紹介しました。

今日は、

「そもそもマンション管理組合ってどんな組織で、なにをするの? 」

という疑問に、私の経験に基づいて説明をしていこうと思います。

私も最初のころは全くわかりませんでした。

町内会や自治会ならば、何となくわかっているつもりですが・・・

実は、マンション管理組合は

建物の区分所有等に関する法律(以下「区分所有法」といいます。)という法律により、その性格をはっきりと決められいる団体

なのです。

区分所有法の考え方は、分譲マンションの住戸を買って区分所有者になれば、

”必ず管理組合のメンバーになる”

としています。

町内会や自治会は法律による裏づけのない一種の任意団体で、団体加入の出入りは自由ですが、マンション管理組合にはその自由がなく、区分所有者になれば”必ず管理組合のメンバーになる”のです。

では、マンション管理組合はどのような業務を行うのでしょうか。

一言で言えば、

「共有財産である共用部分の維持管理を行うこと。」

でということになると思います。

簡単そうに思えるかもしれませんが、実は管理組合の役割は非常に幅広いものなのです。

建物や敷地、付属施設などを良好な状態に保つことはもちろんのこと、円滑な共同生活、コミュニティを維持するために必要な様々な事項が含まれるからです。

マンションは共同生活であるがゆえに、足音、子供の泣き声・遊ぶ声、ピアノなどの騒音問題、ペット問題、駐車場問題等、実に厄介な問題が多いのです。

私のマンションは、自治会とマンション管理組合が別々に設立されているため、共有財産である共用部分の維持管理に係るものは管理組合が、共同生活、コミュニティに関するものは自治会が処理するよう役割分担がされています。

当然、マンション管理組合と自治会は車の両輪の関係ですから、緊密な連携を図りつつ活動しています。

マンション管理組合の活動は、知識や技術も必要であり、専門的知識がある方、あるいは積極的かつ責任感を持って仕事を引き受ける方が役員として揃わなければ運営は成り立ちません。

とはいっても、多くのマンション管理組合は輪番制などを採用しているでしょうから、専門的知識がある方が役員になるとは限りません。

したがって、管理組合総会や管理組合の役員で構成する理事会などで基本的な方針を審議・決定し、大部分の事務は管理会社に業務委託することが多くのマンション管理組合が採用している形態であり現実的だと思います。

管理組合の役員にはどのようなものがあるかというと、私のマンション管理規約上では理事長、副理事長、会計担当理事、書記担当理事、理事、監事となっています。

実際、運用上では、規約担当理事、広報担当理事、駐車場担当理事、自治会・サークル担当理事、環境共生担当理事等を設け運営しています。

ちなみに私は、「監事」になりました。

最初、「幹事」と勘違いして、飲み会をセットするのかと・・・(冗談です。笑)。

その「監事」の仕事ですが、

組合の財産の状況および組合の業務の執行状況の監査を行い、

その結果を総会で報告する

等が業務でとなっています。

実は「監事」は理事長に勝るとも劣らないくらい権限が強いんです。

例えば、業務執行等に不正があれば臨時総会を招集することもできちゃうんです。

実は、監事は理事に比べ

「楽なのかな?」

と言う軽い気持ちで引き受けたのですけどね・・・。

(次回へつづく)

|

2010年12月10日 (金)

私が、マンション管理組合役員に!!

私はマンション住まいです。

新築マンションの完成と同時に引っ越してきました。

入居後しばらくすると、マンション管理会社から、

「新しくマンション管理組合を設立しなければならないのでその役員になってほしい。」

との依頼がありました。

今まで、社宅や賃貸住宅にしか暮らしたことがなかった私にとって、

「マンション管理組合って、何?」

「どんな仕事?」

「設立って、大変じゃない?」

「土日がなくなっちゃうの?」

「責任重大?私なんかで勤まるの?」

など、いろいろな気持ちが渦巻いていて不安で一杯でした。

正直、

「できるなら、やりたくない・・・。」

とまで思っていましたよ、本当に。

確かに、マンション購入契約時に分譲業者から管理組合なる組織があるとは聞いていましたが、まさかいきなり白羽の矢が立つとは想定外でした。

現在は、この管理組合の役員任期は終わってますが、引き続きボランティア的に管理組合活動に参加しています。

嫌々参加していた私が、任期終了後も活動に参加しているなんて自分でも不思議です。

きっと、

「自分たちの力でマンションを住みよい環境にしていくんだ!!」

という気持ちが芽生えたのと、

”多くの仲間たちとの出会い”

があったからだと思います。

これからこのブログでも、管理組合活動について、私の経験した範囲で紹介していきたいと思いますので、マンション住まいの方の参考の一助となれば幸いです。

|

2010年12月 9日 (木)

日本の学力は?

12月7日に2009年に実施した国際学力調査(PISA)の結果が公表されました。

PISAとは、OECD加盟国などの教育政策や実践に生かすため2000年に始まったもので、義務教育修了段階の子供を対象に世界共通の問題を出題し、身に着けた知識や技能を実生活で生かせるかどうかをみるのが目的の調査です。

3分野で3年に1度実施しており、4回目の今回は読解力が2000年以来の重点調査対象になりました。

今回は、65の国・地域の15歳男女計約47万人を対象に行われ、日本では2009年6~7月、全国から抽出された185高校の1年生約6000人を対象に実施されたようです。

その結果、初参加である上海が読解力、数学的リテラシー(活用力)、科学的リテラシーの全分野で1位となったそうです。

しかも、いずれの分野でも成績上位者が多く、下位者が極端に少ないのが上海の特徴とのことです。

日本はというと、前々回2003年、前回2006年と順位を下げ「PISAショック」とよばれた学力低下問題が話題になりましたが、今回は「読解力」が前回15位から8位になり、初回2000年の水準に回復したようです。

また、「数学的応用力」は9位(前回10位)、「科学的応用力」は5位(前回6位)と横ばい状態です。

ただ、日本の場合は、アジア勢との比較では下位に沈んだままで、OECDが「社会生活に支障を来す可能性がある」とする成績下位層が3分野とも10%を超えているとのことで、新たな課題が浮かんだ結果となっています。

私も、小学生の子供をもつ親として、日本の学力低下は看過できない問題です。

ゆとり教育だとか脱「ゆとり教育」だとか、短期間のうちに政府の方針が転換され、その結果、子供が振り回されているようにしか思えません。

確かに、高度成長期における画一的な知識詰め込み型教育では、現在のグローバルな社会にはあっていないのかもしれません。

しかし、ゆとり教育では、知識詰め込み教育を受けてきた親世代にとっては、

「こんな教育内容でいいのだろうか?」

「グローバル社会では生き抜けないのではないか?」

など、不安な気持ち一杯だったはずです。

その結果が、日本の学力低下であり、塾への依存度アップや私立中学への受験増加だと思っています。

私は、この傾向は危険だと思っています。

経済的に裕福な家庭は高い教育が受けられ、生活が苦しい方にはその門戸が閉ざされる結果になり、経済格差拡大=教育格差も拡大していくことになるからです。

厚生労働省が昨年10月ころに初めて発表した相対的貧困率によれば、18歳未満の子供が低所得家庭で育てられている割合の「子ども貧困率」は14.2%でした。

なんだかPISAの結果にもその傾向がバッチリ出ているような気がしませんか。

”「社会生活に支障を来す可能性がある」とする成績下位層が3分野とも10%を超えている”

この部分です。

私の周囲でも、

「子供のためには公立中学のカリキュラムでは不安なので私立中学を選択したい。」

「そのために、今から塾通いさせてます。」

「1週間のうち、塾がないのは○曜日だけ・・・」

という親御さんの声もよく聞くようになりました。

この感覚自体、既におかしいと思いませんか?

おそらく親は学校の授業だけでは不安なんですよね。

夜の9時頃に、塾から疲れきった表情で出てくる小学生も見かけます。

子供にはもっとのびのびとしてもらいたいんですが、塾や習い事に追われる日々が今の子供たちの姿です。

その点、私の子供時代と比べると、今の子供たちは不幸なのかもしれませんね。

蛇足ですが、今回の調査結果では、男子は数学、女子は国語が得意なのは世界共通ということもわかったそうです。

|

2010年12月 8日 (水)

プレステ1700台でスパコン?

やはり、ソニーのプレイステーション(PS3)は単なる家庭用ゲーム機ではなかったようです。

なんと、PS3でスーパーコンピューターが出来ちゃったというから驚きです。

作ったのは、米空軍研究所。

PS3を1700台連結し、その性能を最大限に高める仕組みを構築したそうです。

PS3を使うと高い処理能力にもかかわらず、製作費用が格段に安いんだそうです。

その処理能力は世界35位か36位で、同じくらいの処理能力のスーパーコンピューターを作るには5千万~8千万ドルかかるそうですが、市販のPS3だと約2百万ドルで収まったようです。

このスパコンは「コンドルの群れ」と名づけられたそうですが、言語や記号情報を読み取る力に優れており、情報の20~30%が欠落していても、自ら考え、99.9%の確立で正しく解読できるのだそうです。

私も、PS3の処理能力は、パソコンの処理能力をはるかに凌ぐと聞いたことがあります。

また、同じゲーム機であるWiiとの比較でも、

Wii・・・21GFLOPS(システム全体)
PS3・・・ 2TFLOPS(システム全体)
 *「FLOPS」とは、コンピュータの性能指標の一つ。1秒間に浮動小数点数演算が何回できるかという能力を理論的/実際的(実験的)に表したもののこと。

となっており、単純計算で、2Tだから2,024GFLOPSで、2,024÷21=96.38倍だけPS3のほうが処理能力が高いことになります。

私も、両方ゲームをしたことがありますが、体感的にはそんなに差があるほどには感じませんでした。

ただ、圧倒的にPS3の方が画像が綺麗ですが・・・

我が家も小学生の子どもと遊ぶ目的にWiiを購入しましたが、このような報道に接すると、また、私の物欲魂に火がついてしまいそうです(笑)。

|

2010年12月 7日 (火)

電気自動車「リーフ」販売開始

いよいよ12月20日から日産「リーフ」が販売開始となるようです。

環境対応車では、トヨタ自動車、ホンダ自動車がハイブリッド車で先行していましたが、日産自動車は電気自動車で巻き返しを狙っているようです。

日産自動車によると、国内では年5万台を生産し、2012年には米国、2013年には欧州で生産を始め、「リーフ」だけで年産25万台、ルノーとあわせEVの50万台体制を目指しているとのことです。

電気自動車は、三菱自動車が昨年7月に「アイ・ミーブ」を発売していますが、こちらは年5000台を生産なので、日産自動車の力の入れ具合が分かります。

一方、トヨタ自動車も、米のベンチャー企業であるステラ社と提携し、2012年には「RAV4」のEV版を米国で販売するほか、グッドデザイン賞を受賞した「IQ」ベースのEVを日米で販売する計画のようです。

また、米国の自動車ビック3であるゼネラルモーターズ社(GM)も、「シボレー・ボルト」を12月中に発売するという情報もあり、電気自動車の覇権争いは激しさを増す一方です。

ここで性能比較すると、

○アイ・ミーブ・・・走行可能距離160km、最高速度130km、充電約7時間(200V)急速充電30分、価格(補助金なしの場合)398万円

○リーフ・・・走行可能距離200km、最高速度145km、充電約8時間(200V)急速充電30分、価格(補助金なしの場合)376万4250円

○ボルト・・・走行可能距離56km(発電用エンジン搭載。エンジン活用の場合600km)、最高速度161km?、充電約3時間(240V)、充電約8時間(120V)、価格(補助金なしの場合)約334万円

ただ、このまま電気自動車の普及が進むかというと課題も多いようです。

例えば、充電設備等の社会インフラの整備です。

政府は2020年までに急速充電器を5000基設置する目標を掲げていますが、現状は、絶対的に不足しています。

日産自動車は、リーフ発売日までに急速充電器を、全国約200の販売店の半径40km圏に1ヶ所づつ設置するそうですが、これでも心配でなかなか遠出できませんよね。

また、家庭で充電する場合にも初期投資が必要です。

200Vの電源を整備しなければならず、標準的な設備費で10万円ほど必要とのことです。

マンションの場合は、この設備を導入する際には管理組合の了承も必要となり、個人だけの判断ではEVは購入できないのが現状です。

このような課題が解決しないと、購買意欲はなかなか高まらないのではないでしょうか?

|

2010年12月 6日 (月)

人のご馳走、ペットには毒

今年ももうすぐクリスマスですね。

皆さんのご家庭ではクリスマスパーティをしていますか?

今年は25日が土曜日ということもあって、例年より高価なケーキに予約が増えているようです。

「今年は家族で(または恋人同士で)、いつもよりは少し贅沢なクリスマスを・・・」

ということなのでしょうか?

さて、我が家も毎年、家族のみでクリスマスパーティをしています。

その家族の中には、2匹のイタグレ君達が含まれています。

そうなんです。多頭飼いをしているんです(マンション住まいなのに・・・)。

2匹とも食意欲旺盛で、私たち家族が食事をしていると、何とかしておこぼれをもらおうと必死になって寄ってきます。

しかし吠えたりはほとんどしません。

我が家のように食いしん坊のワンちゃんを飼っている方に参考になる情報を紹介させていただきます。

それは、

「残った食べ物を不用意にペットにやらない」

ということです。

これは、人間にはごちそうでも、ペットには「毒」になる場合もあるとして、全米動物愛護協会(ASPCA)が呼びかけているものです。

まず注意すべきことは、残り物をやって、ペットが食べ過ぎにならないようにすること。

食べ過ぎると消化不良になったり、下痢をしたりします。

次に、アルコールはペットが近づけない場所に置くこと。

お菓子も注意が必要で、犬がチョコレートを食べると吐き気を催したり不整脈になったり、甘味料のキシリトールも少量をとっただけで低血糖に陥り、最悪の場合は肝不全になるというから本当に気をつけましょう。

このほか「ペットの毒」としては、
アボカド
コーヒー
マカダミアナッツ
タマネギ
干しブドウ
ニンニク

などをあげています。

花束に入っているユリの花も、猫が食べると腎不全を起こすことがあり注意が必要です。

我が家でも決して人間食べ物をあげたりはしていませんが、勝手に捕獲してしまうことがあります。

跳躍力がすごいんです(泣)

なので、食べ物の保管にはとても気を使っています。

ペットを飼っている皆さん、可愛い家族のため気をつけてあげましょうね!!

|

2010年12月 5日 (日)

ヒ素を食べる細菌

私がヒ素と聞いて思い浮かべるのは1998年に起きた和歌山毒物カレー事件です。

この人間をも簡単に殺してしまうほどの猛毒のヒ素を食べてしまう細菌が見つかったそうです。

見つけたのは、米航空宇宙局(NASA)などの研究グループ。

この発見は、これまでの「生物学の常識」を覆す発見なんだそうです。

どういうことかというと、生物が生き続けるためには、炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄の「6元素」が不可欠だそうで、この細菌はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んでいたそうなんです。

これは、地球上では通常考えられないことだそうです。

こう聞いても、何がすごいのか私にはピンときませんでした。

「猛毒を食べてしまうのですごいのかな?」

というくらいしか思い浮かびません。

確かに、

「ヒ素を食べてしまう」=「ヒ素汚染の浄化に応用できる可能性」

ということではすごい発見らしいです。

しかし、もっとすごい可能性があるというのです。

それは、この発見は、生命が環境に応じて柔軟に対応できることを示し、地球外生命体探しでの「生命に必要な水を探す」といった「常識」も覆される可能性があるというのです。

つまり、今までなら生物が存在しないと考えられていた天体でも、体の元素が異なる、異質な生物が生きている可能性があるということです。

ここまでくれば、確かにすごい発見のような気がしてきました。

さすがNASAですね。

|

2010年12月 3日 (金)

「ペット税」構想-民主党内で急浮上-

犬や猫などのペットの飼い主に税金をかける「ペット税」構想が民主党内で議論されていることをご存知ですか?

民主党の平成23年度税制改正に関する提言の中に、

「ペットの無責任な放棄を行政が費用負担する負の連鎖に手を打つ」

とのことで盛り込まれているようです。

ペットを無責任に捨てる飼い主に動物愛護の自覚を促すのが目的なのだそうですが、その税収が保健所の

「殺処分に使われる」

との噂が広がり、党本部に抗議が殺到する事態になっているのだそうです。

確か自民党政権時代にも同じような検討をしていた記憶があります。

ちなみに自民党のペット税構想を調べてみると、

ペット購入時に税金を支払い、その税収は動物収容施設の収容期間を延長するための運営費や飼い主への啓発活動に充てる

というもののようです。

民主党のペット税構想は、その税収を何に充てるのか、今のところ具体的な制度設計がありません。

そのため、

「殺処分に使われる」

という噂が一人歩きしたのかもしれませんね。

確かに、日本では犬猫合わせて年間約28万匹も殺処分されているとのことなので、その対策は急務です。

諸外国はというと、ドイツで導入例があります。

これは「犬税」というもので、税額は年1,000円〜20,000万円と自治体ごとに異なるようです。

私もペットを飼っています。

税金を払うことで家族の一員を迎えるという自覚につながると歓迎する声があるようですが、私は税金支払わなくても十分自覚ありますよ。

みなさんはどうですか。

簡単に税を導入すればいいというものではなく、ペット行政仕組みそのものをキチッと整備すべきではないでしょうか。

まあ、報道によれば、税制改正大綱を決める時期である財務省では、現時点でも担当部署を決めていないとのこと。

民主党関係者でも

「世論喚起のため提言に盛り込んだ。本気で法制化するつもりはない」

と発言している人もいるようなので、23年度税制改正での実現は不可能でしょう。

|

2010年12月 2日 (木)

お気に入りのデスクライト「BioLITE EON」

今回はお気に入りのインテリアの一つ、「BioLITE EON」(バイオライト エオン)について少しお話しようと思います。

これから購入を考えている方の参考になれば幸いです。

バイオライトは、林原生物化学研究所とヤマギワが研究・開発したもので、長時間デスクワークされる方、受験生、目を大切にしたい方に特に使っていただきたいライトです。

バイオライトの光の色は、白熱灯寄りではありますが少し黄色っぽさが薄い色です。

蛍光灯の色が好きな方にははじめは少し抵抗感があるかもしれません。

しかし、このバイオライトは「日の出30分後」の太陽光にきわめて近い特性をもっていて、人間の目にもっともやさしいと言われています。

どの位”やさしい”かというと、目の疲労度が蛍光灯の4分の1,白熱灯の半分程度なのだそうです。

その原理は、家庭用の交流電源はプラスとマイナスが交互に入れ替わるため、一般の蛍光灯や白熱灯ではどうしてもちらつきが出てしまいます。

一方、バイオライトの場合は直流に変換していますので原理的にはちらつきがないということです。

Eon_02 まるで彫刻のような曲線美と独創的なデザインの「EON」は、ロス・ラブグローブ氏というイギリスのデザイナーによるもの。

凛とした美しいデザインとなっています。

使用する際は、ベースのスイッチを押します。

するとアーム(灯具)がゆっくりと起き上がりながら点灯。

この動作が実に気持ちがいいです。

アームの起き上がりスピードは約3秒。

Eon_01_3 上がりはじめは早く最後はゆっくりと定位置に。

ランプ寿命は比較的長く2500時間。

1日6時間使用で約416日使用可能。

替えランプも800円以下だった気がしますので、コストパフォーマンスはいいと思います。

これはもう買うしかないと思い、思い切って買ってしまいました。

Eon_03 使用感は、細かい文字を読んでいても、反射板の設計が良いのかクッキリと見えます。

非常にクリアです。

購入して大正解!

目の疲れがやわらぎ、作業がはかどります。

少し高価ですが、それ以上の価値がこの「EON」にはあると思います。

「EON」とは、「永遠(地質学の単位で10億年)」を意味しているそうですが、その言葉どおり、私は、一生使い続けることでしょう。

|

2010年12月 1日 (水)

不安になるなぁ~政治資金収支報告

ブログを開設して初めての掲載なので気張って政治ネタを・・・(笑)

とはいっても難しい話はできないので、11月30日に総務省が公表した2009年政治資金収支報告書について一言。

議員会館の事務所で飼育しているクリオネリース料
キャディーへの心付け
納豆代
神楽料や参拝料
座禅用の座布団・仏具代
「アリス」の復活ライブのチケット代
キャバクラの飲食代
合唱団の会費
別荘の庭整備代

これらは、すべて政治資金から支出されたものです。

開いた口がふさがりません。

今回から人件費以外の1万円を超える支出は明細を記載することが義務付けられ、その結果、このような支出が浮かび上がってきたようです。

例えばクリオネと「アリス」の復活ライブのチケット代は同じ団体からの支出ですが、

「地元オホーツクのPRやつきあいのためで、支出は適正」

だそうです。

今回から政治資金監査人による監査が義務付けられたそうですが、私には公私混同にしか思えないんですけどね。

さらに、民主党サポーター会費を寄付金控除の対象として控除証明書を発行している議員もいたようです。

皆さんは、このような感覚の議員に日本の未来を任せられますか?

私は不安で仕方ない・・・。

|

ブログ開設です!

こんにちは。

本日(2010年12月1日)よりブログをはじめました。
ブログ名は、
「ココロの片隅」~背高ノッポのお気楽Diary~
です。

「このブログを読んでくださった皆さんのココロに少しでも感じてもらえるものがあればうれしいなぁ」
という思いを込めてこのブログ名にしました。

サブタイトルは私のノッポな体型からつけています(187cmありま~す)。

さて、プロフィールにも書いてありますが、私はイタリアン・グレーハウンドを2匹飼っています。(通常はイタグレなんて呼ばれてます。)

視力により獲物を追跡するサイトハウンドと呼ばれる種類です。

体形はほっそりして、スラリというイメージがぴったりです。

まるで私みたい・・・(笑)

この犬種はあまり無駄吠えしないのですが、2匹のうち1匹は中でもおとなしい性格のようでほとんど吠えません。

いるのかどうかもわからないくらい・・・(笑)

なので、マンションで飼うにはピッタリですよ。

さてさて、イタグレの話は別の機会に譲るとして、これからお気楽なノッポさんのブログにお付き合いください。

|

トップページ | 2011年1月 »