« お気に入りのデスクライト「BioLITE EON」 | トップページ | ヒ素を食べる細菌 »

2010年12月 3日 (金)

「ペット税」構想-民主党内で急浮上-

犬や猫などのペットの飼い主に税金をかける「ペット税」構想が民主党内で議論されていることをご存知ですか?

民主党の平成23年度税制改正に関する提言の中に、

「ペットの無責任な放棄を行政が費用負担する負の連鎖に手を打つ」

とのことで盛り込まれているようです。

ペットを無責任に捨てる飼い主に動物愛護の自覚を促すのが目的なのだそうですが、その税収が保健所の

「殺処分に使われる」

との噂が広がり、党本部に抗議が殺到する事態になっているのだそうです。

確か自民党政権時代にも同じような検討をしていた記憶があります。

ちなみに自民党のペット税構想を調べてみると、

ペット購入時に税金を支払い、その税収は動物収容施設の収容期間を延長するための運営費や飼い主への啓発活動に充てる

というもののようです。

民主党のペット税構想は、その税収を何に充てるのか、今のところ具体的な制度設計がありません。

そのため、

「殺処分に使われる」

という噂が一人歩きしたのかもしれませんね。

確かに、日本では犬猫合わせて年間約28万匹も殺処分されているとのことなので、その対策は急務です。

諸外国はというと、ドイツで導入例があります。

これは「犬税」というもので、税額は年1,000円〜20,000万円と自治体ごとに異なるようです。

私もペットを飼っています。

税金を払うことで家族の一員を迎えるという自覚につながると歓迎する声があるようですが、私は税金支払わなくても十分自覚ありますよ。

みなさんはどうですか。

簡単に税を導入すればいいというものではなく、ペット行政仕組みそのものをキチッと整備すべきではないでしょうか。

まあ、報道によれば、税制改正大綱を決める時期である財務省では、現時点でも担当部署を決めていないとのこと。

民主党関係者でも

「世論喚起のため提言に盛り込んだ。本気で法制化するつもりはない」

と発言している人もいるようなので、23年度税制改正での実現は不可能でしょう。

|

« お気に入りのデスクライト「BioLITE EON」 | トップページ | ヒ素を食べる細菌 »

ニュース」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事